アバター2、世界興行収入で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜く

  • 8,047

  • author Germain Lussier - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
アバター2、世界興行収入で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜く
Image: 『アバター・ウェイ・オブ・ウォーター』

現在、史上4位!

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が大躍進しまくりで、みんな大好きスターウォーズシリーズで一番興行収入のあった2015年公開『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜いちゃいました。現在、興行収入歴代4位にまで上がってきています。

アバター2より上は3作品しかない

アバター2のこれまでの興行収入は全世界で20億1200万ドル(約2,571億円)。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の20億700万ドルを超えて行って、現在上にいる3つの映画は『アバター』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『タイタニック』。この3つよく見てみると、アバターとタイタニックはジェームス・キャメロン監督。4位までの3作品がジェームス・キャメロン監督作品となるわけです。キャメロン監督、強すぎる!

アメリカでの勢いはそんなでもなかったり

これは「世界興行収入」ですが、実はアメリカではアバター2は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の足元にも及ばない興行収入で11位。アメリカでは1位が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、2位『アベンジャーズ/エンドゲーム』、3位『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム、4位『アバター1』となっています。SF・スーパーヒーロー系強しですね。

海外で強いアバター2は、フランス、オーストラリア、リトアニア、ブルガリア、エストニア、ハンガリー、レバノン、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、ジョージア、カンボジア、モンゴル、ニュージーランド、コロンビア、プエルトリコで歴代興行収入第一位になっています。すごい!

現在絶好調のアバター2ですが、これからM・ナイト・シャマラン監督のミステリーホラー『ノック 終末の訪問者』、マーベルの『アントマン&ワスプ:クアントマニア 』という強敵たちが公開されますから、この先どれだけ興行収入を伸ばしていけるかですね。3位でこれまたキャメロン監督の『タイタニック』を抜くには、あと800億ドル。キャメロン vs キャメロン、どちらもがんばれ!

ジェームズ・キャメロン監督が語る、映画『アバター』最新作を1秒48コマで撮影した理由

想像を遥かに上回る映画体験でした。前作から13年ぶりの続編となる『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。ジェームズ・キャメロン監督の手によって生み出された本作...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/avater-wow-james-cameron-interview.html