トーストに合う、おいしい目玉焼きの焼き方。あの材料を多めに入れるだけ!

  • 438,402

  • lifehacker
  • author Claire Lower - Lifehacker US
  • [原文]
  • ライフハッカー[日本版]編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
トーストに合う、おいしい目玉焼きの焼き方。あの材料を多めに入れるだけ!
Image: Shutterstock

ライフハッカー[日本版]2022年3月19日掲載の記事より転載

パンやホットケーキにバターを塗る時、正しい量なんて計算したことないですよね。

最近、私が小さなフッ素加工のフライパンで、卵2つの目玉焼きをつくった時、大さじ3杯以上のバターを使いました。

バターで目玉焼きを作るとトーストにあう

これは、フライパン一面がバターで完全に覆われて、そこに卵を割り入れると、白身の上にバターがあふれるほどの量です。

オリーブオイルと違って、バターは茶色くなりますが、それでいいのです。茶色くこんがりとしたバターは、目玉焼きとトーストと一緒に食べると本当においしいです。

また、このように卵を調理することで、朝食の準備に無駄がなくなります。

オリーブオイルや油(2つの卵が十分に調理される量の油)から目玉焼きを取り出してトーストの上に移すのではなく、フライパンの中身(目玉焼きと大さじ数杯の溶けた、もしくはこんがりしたバター)をそのままパンの上に移せば、美味しいトーストのできあがりです。

柔らかいバターがすぐに用意できない場合は特に便利です。(そのための回避策もありますが)

大さじ3杯の塩入りのバターを使おう

まとめると、少なくとも大さじ3杯の塩入りのバターを、泡立っていい香りがするまでフライパンで中火で溶かし(バターを溶かしている間にパンを焼き)、そこに卵を2〜3個割り入れます。

白身の部分に熱々のバターがかかったり、スプーンでかけたりして、固まったら、目玉焼きを溶けたバターと一緒にパンの上に乗せます(溶けたバターはパンに染み込みます)。

非常に合理的で、余計なものは何ひとつありません。エレガンスの意味をきちんと理解しているとしたら、これぞ「エレガント」と言っても過言ではないのではないでしょうか。

入れて湯船に浸かると人生がはかどりますよ。体感ベースで語る「おすすめの入浴剤」

冷えが万病の元なら、保温は万病の薬なのです。あるアンケートによると、入浴をシャワーだけで済ます派と湯船に浸かる派はほぼ半々だそう。かくいう僕も人生の大半はシャ...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/bath-additives.html