ASUSからSpace Edition爆誕! マジで宇宙で使える仕様

  • 5,083

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ASUSからSpace Edition爆誕! マジで宇宙で使える仕様

回答:宇宙でも申し分なく使えるCore i9かと。

ASUSから、文字どおり奇想天外なノートパソコンが爆誕しました。その名は「ASUS Zenbook 14X OLED Space Edition」。どこがどうSpaceなのかといいますと…

Image: 山田ちとら

ご覧ください、このひときわ華やかなSpaceバー。さすが"Space Edition"だけあって、並々ならぬこだわりを感じますねー。

…というのは冗談としても、まずはそのこだわり抜かれたルックスから。

とことん宇宙を意識したデザイン

Image: 山田ちとら

メタリックなテクスチャーながらにあたたかい色味が魅力的な天板には、デザインとしてモールス信号があしらわれています。一体どんなメッセージが隠されてるんでしょうか?解読できる方、ぜひ。

GIF: 山田ちとら

そして気になるこの小窓には、お好みのメッセージを表示したり、お好みのウェブサイトへ誘導できる二次元コードを表示したりできます。

Image: 山田ちとら

こんなふうに、自分らしさをカスタマイズして、自分外生命体にメッセージを発信し続けられちゃうという。

Image: 山田ちとら

付属品も宇宙っぽいデザインで統一されています。専用スリーブとASUS Pen 2.0付きはうれしい。

GIF: 山田ちとら

あと、宇宙とは直接関係ないかもですが、カメラに物理的なプライバシーシャッターが搭載されています。不意に全世界に自分の姿をさらさないようにするための予防措置ですね。上はシャッターが超スローモーションでカメラを覆い隠す瞬間。肉眼だとオレンジが一瞬で現れるようにしか見えませんでしたが、左から出てきているのが分かります。

気になるスペックは?

Image: ASUS

中身もつよっつよです。

最新・最速のインテルCore i9を搭載しており、メモリは32GB、ストレージはPCI Express 4.0を4基接続することにより1TBまで拡張できます。あんまりCPUの性能が高いとオーバーヒートしないかが気がかりですが、その点はASUS独自の「Ice Coolテクノロジー」により、優れた排熱処理を行なえるとのこと。

ステレオスピーカー、92万画素Webカメラ、指紋認証、マルチタッチ・タッチパッド(テンキー機能付き)、ヘッドホンジャックも揃ってます。バッテリー駆動時間は約7.4時間で、バッテリー充電時間は約1.7時間。

これらすべての機能性を1.47kgの筐体にギュギュッと詰め込んでいるそうですから、たしかにどこへでも持って行って、どんなタスクでもこなせそうです。

本当に宇宙で使えるの?

それにしても、気になりませんか?ASUS Zenbook 14X OLED Space Editionが宇宙でも耐えうる筐体なのか

そこで、ASUS JAPAN株式会社代表取締役社長Alvin Chen氏に伺ってみたところ……、

ASUS P6300から引き継いでいる信念も元に、米国軍用MIL規格、およびに米国宇宙システム軍団規格のSMC-S-016にも準拠し、-24℃~61℃の厳しい環境下での使用や、20~2000Hzの激しい振動にも耐える筐体となっています。

とのご回答でした。つまり、YES!

ところでASUS P6300ってなんのこと?

600日間宇宙を旅した「ASUS P6300」

Image: 山田ちとら

実は、ASUSはもう25年も前に、宇宙に耐えうるノートパソコンを作っていたんですね。

ASUSによれば、1997年に発表された「ASUS P6300」は 、翌年にはミール宇宙ステーションへ持ち込まれました。そして過酷な宇宙環境下でオーバーヒートなどにより他社のノートパソコンが故障していく一方で、P6300 は見事600日間の任務を完遂できたのだそうです。

Image: 山田ちとら

ASUSによれば、「起伏のある曲線形状デザインと複数の穴が採用されたパームレストは、手を自然な位置に保ち、長時間のタイピングでも快適に使用できるように設計された」とのこと。

Image: 山田ちとら

また、「キーボード上部の表示窓や、天板を開くと自動的に角度がつくキーボードは、まさにZenbook Duoシリーズの背感とディスプレイやエルゴリフトヒンジを彷彿とさせる」とともに、排熱処理にも大いに貢献しているそうです。

見た目もかっこいいですし、キーボードが持ち上がっているとタイピングしやすいですし、一石三鳥!

Image: ASUS

そんな伝説的なP6300の系譜を受け継いだ「ASUS Zenbook 14X OLED Space Edition」。発売日は2022年8月4日で、価格(税込)は26万9800円となっています。

いつでも宇宙旅行へ出かけられるように、今から準備しとこ!

Reference: ASUS
Images: ASUS, 山田ちとら

ASUS Zenbook 14X OLED Space Edition ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする