未来をちょっと覗き見できる。Kindleで読めるおすすめSF作品3つ

  • 16,023

  • author 金本太郎
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
未来をちょっと覗き見できる。Kindleで読めるおすすめSF作品3つ
Photo: Primestock Photography / Shutterstock.com

SF読め、頭良くなるぞ。私の友人たちの間でたまに使われるジョーク・フレーズです。

みんなってわけじゃないんですが、ギズのメンバーはSF作品が好きです。映画だったりコミックだったり小説だったり、メディアはいろいろなんですが、SF作品はどれも驚きに満ちあふれていています。

新しいガジェットを見たときも『〇〇で出てきたアレだよ』で話が通じたりするんでめちゃ便利。

今回はKindleで即ポチれる、おすすめ作品を3つ紹介します。「プライムデーのポイント還元のために購入金額を増やしたい」とか「省エネな娯楽がほしい」ときにどうぞ。

なにより読んでいてすっごく楽しいです!

プロジェクト・ヘイル・メアリー

「科学の知識があると、世界の解像度がこんなに上がるんだ!」というのがよく分かるSF小説。

密室で記憶がない状態から目覚めた一人の男が、科学知識を駆使して状況をひとつずつ把握し、問題を解決していく展開がゲームっぽくて面白かったです。

前作『火星の人(映画『オデッセイ』の原作)』のときもそうでしたが、この作者は主人公一人しかいないシチュエーションで話を進めていくので、物語でたまにある「読んでいてもどかしい人間関係」の心配がまったくないのがいいですね。

…と思いながら上巻を半分読んだところからが本番です。まさかの展開でテンションが一気に上り、そこからは一気に読み切ってしまいました。

メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界

「メタバースよくわからん」と思っている人が「メタバースちょっとわかる」になれる一冊。

ソーシャルVR(VR空間でいろんなユーザーと交流するプラットフォーム。現状メタバースに一番近そうなサービスです)の最前線でどんなことが起きているのか? そこにいるユーザーはなにを感じているのか? を調査したレポートとして読みました。

著者のメタバースへの入れ込みっぷりに若干「お、おう」と気圧されてしまうところもあるんですが、VRで再現していないはずの触覚や味覚を感じる「ファントムセンス」、肉体から切り離されたアイデンティティの形成、身体の属性によらない人間関係のありかたなどなど…このレポートに書かれていることはもはやSFで見た世界です。

Dr.STONE

原始時代(よりさらに前)まで環境が戻った地球で、現在の科学知識だけを武器に文明を再興していく…という「今の知識を持って昔にタイムスリップして無双するの面白いよね」の100億%スケールアップ版です。

これを読んだ子どもは科学にハマるらしく、いま子どもに読ませたいコミックNo.1(個人の感想)。

作中でお披露目されるテクノロジーは、一部を除いてあくまで「現代ですでに明らかになっている知識」なんですが、それをDIYガジェットというビジュアルで見せてくれることで、わたしたちが享受しているテクノロジーが、いかに地道なイノベーションの積み重ねでできてきたのかを教えてくれます。

いやー、自分が同じ環境に放り込まれたら1週間もたないな…


来週のプライムデーに合わせて、現在「Kindle Unlimited 3カ月99円キャンペーンが開催中。こちらも合わせてご確認を!

格安読み放題&無料聴き放題! アマゾンのサブスク=Kindle Unlimited、Amazon Music、Audibleが今ならおトク

7月12日〜13日のAmazonによる大セール、プライムデーが今年もやってきます。そんなプライムデーに先駆けてAmazonが実施しているお得なサブスクキャンペー...

https://www.gizmodo.jp/2022/07/amazon-subscription-service-primeday2022.html