SFから人気マンガまで。プライムデーに合わせてギズライターがおすすめしたいKindle本7選

  • 11,411

  • author 編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
SFから人気マンガまで。プライムデーに合わせてギズライターがおすすめしたいKindle本7選
Photo: Shutterstock.com

どこにいても、なにをしていても、とにかく暑さに打ちのめされる今夏。ここではない(涼しい)どこかへ――。そんな逃避欲に駆られたら、Kindleで読書するに限ります。

ギズモードの読書好きライターのオススメをご紹介。

来週のプライムデーに合わせて、現在「Kindle Unlimited 3カ月99円キャンペーンが開催中なので、こちらも合わせてご確認を!

格安読み放題&無料聴き放題! アマゾンのサブスク=Kindle Unlimited、Amazon Music、Audibleが今ならおトク

7月12日〜13日のAmazonによる大セール、プライムデーが今年もやってきます。そんなプライムデーに先駆けてAmazonが実施しているお得なサブスクキャンペー...

https://www.gizmodo.jp/2022/07/amazon-subscription-service-primeday2022.html

フールナイト

数百年後の地球が舞台。暗雲がたれこめ、日の光が一切届かなくなった地表では、植物が育たず酸素が欠乏していた。人類がなんとか生き延びようと打ち出した苦肉の策が「転花」。生身の人間の体内に植物の種を移植する技術で、転花された人間は生きながらにして内側から植物に食い破られ、やがて植物に取り込まれていく――。

設定もおぞましいし、主人公が置かれた状況も絶望しかないです。それでも魅了されるのは、安田佳澄氏が描く線の的確さ、人物描写のエモさが際立っているから。醜さしか転がっていない真っ暗な世界のあちこちに、怪しく繁茂する植物の姿も美しい。単行本で読むよりKindleで一頁ずつ、一コマずつ味わいながら読んでいきたい作品。

或る集落の●

『夫の骨』、『マザー・マーダー』など、読了後いや~な気分にさせられるミステリー小説、いわゆる「嫌ミス」の短編集や長編小説を数多く生み出している矢樹純氏の初期の短編集。なんと無料。

怖がりなのでホラー系はあまり読めないんですが、この作品は薄気味悪さが際立っていて、じわじわ追い込まれました。それぞれの短編が独立していると思いきや、徐々につながっていきます。土着信仰、呪い、祟り、妖怪などが好物な方、ぜひご一読あれ。

138億年宇宙の旅

フランスの気鋭のサイエンスライターによる、宇宙の魅力を感覚的に探っていく素晴らしい本。大冒険が次から次へと用意されていて、時には光になったり、時には透明な意識の塊となって銀河系をも一望できるほど遠く彼方の宇宙へ旅立ったりします。この本自体がひとつの思考実験なのかも。ブラックホールに吸い込まれたらどうなるか、想像してみたことあります? 読書でしか体験できない宇宙の旅、最高!

(山田ちとら)


【極!合本シリーズ】 サイコメトラーEIJI

1996年に連載開始になった大ヒットサスペンス漫画。触れた「物」や「人」の記憶を読み取るサイコメトラー能力を持つヤンキー高校生と、使えるものはなんでも利用する刑事のコンビが最高。

2022年7月6日現在、全巻Kindle Unlimited対象。

【極!合本シリーズ】 BLOODY MONDAY

2007年連載開始。ホワイトハッカーの格好よさが際立ったサスペンス漫画。とてつもなく優秀な高校生が世界を救う厨二病全開の展開にツッコミを入れたら負けです。

2022年7月6日現在、全巻Kindle Unlimited 対象。

映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~

映画やドラマやストリーミング配信。私たちの生活は見ておかなければならない作品で圧迫されがち。そんな中で生まれた1.5倍速再生。倍速再生カルチャーを受け入れるか受け入れないかは別として、今を生きる人はみんな読んだ方がいいと思う。

映画だけでなく、若者を見る目も変わるから。

海獣学者、クジラを解剖する。~海の哺乳類の死体が教えてくれること~

危険なレベルの暑さと言われる今年の夏。海水浴がしたいけど、たどり着くまでに干からびてしまいそう……。だったら、海で働くヒーローたちの活躍を知るのはいかがでしょう?

海岸に打ち上げられた「スナメリ」の死体を運ぶ手伝いを一般人にお願いした、という想像するだけで怪しい著者。

同じ哺乳類でありながら海に住むことを決めた海獣たちの謎を体当たりで解き明かそうとする博物館人たちの姿には、思わず笑っちゃいそうになりますよ。

(中川真知子)