テスラにジープにデロリアン!編集部が気になるクルマニュースをまとめてみました

  • 10,906

  • author 編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
テスラにジープにデロリアン!編集部が気になるクルマニュースをまとめてみました
Image: Tesla

BEVのジープほしい。

Twitter買収や宇宙旅行など、何かと話題の絶えない“世界一の大金持ち”イーロン・マスク。彼が率いるEV大手Tesla(テスラ)は今年も好調で、テキサスに世界一大きな工場をオープンさせたばかり。ギズモードではテスラ以外にもクルマ業界の様々なニュースを配信してきました。今年のこれまでに配信されたクルマ業界のニュースをまとめてみました。

テスラのニュースまとめ

shutterstock_1140629366
Image: Vitaliy Karimov / Shutterstock.com

Twitterを買収するなどCEOのイーロン・マスク氏が個人としてメディアを騒がせていますが、4月には“世界一大きな工場”ギガファクトリーがオープンするなど、テスラとしても今年も多くのニュースがありました。

個人的には、発売が先延ばしになっているサイバートラックが来年本当に出るのか気になるところです。

世界一デカい工場、テキサスTeslaギガファクトリー公開イベント5つのハイライト

4月7日に催されたテスラのテキサス新工場お披露目イベントレポート。世界最大規模の容積を誇る。

https://www.gizmodo.jp/2022/04/teslas-largest-new-plant-in-the-world.html

テスラ・モデル3。最廉価モデルが519万円と最高価格を記録。って悲報だコレ...

働けど働けどわが暮らし...ってヤツですなあ...。コロナ禍により半導体をはじめとした部品が入手難。同時にいろんなものの相場が高騰しています。この問題と関係し...

https://www.gizmodo.jp/2022/03/tesla-model-3-price-up.html

カクカクなサイバートラック、来年にはついに販売されるって!

テキサス州にオープンしたテスラの新工場ギガファクトリーのイベントにて、イーロン・マスクがサイバートラックの来年発売を明言。

https://www.gizmodo.jp/2022/04/tesla-cyber-truck-will-go-on-sale-next-year.html

『Cyberpunk 2077』も遊べる? テスラ車でSTEAMのゲームがプレイできるようになりそう

電気自動車テスラの車内で、STEAMのゲームがプレイできるよう開発が進んでいることが判明しました。サイバートラックの中で、ゲーム『Cyberpunk 2077』...

https://www.gizmodo.jp/2022/02/tesla-cybertruck-cyberpunk-2077.html

まるで未来なクルマまとめ

01_220301_jeep
Image: Jeep

テスラ以外にも、もちろんクルマ業界のニュースはたくさんありました。

なかでも、CESで発表された一瞬で色が変わるBMWのE Inkボディのクルマは驚きました。動画を見てみるとわかるんですが、白→黒がものすごくなめらかに変化するんですよ。購入時点で色を決める必要もないですし、その日の気分で色を買えることができるなんてすごくステキじゃないですか!ぜひ実用化してほしいアイデアですね。

一瞬にして白から黒へ! BMWのE Inkボディはドライバーの気分が色を決める #CES2022

BMWがコンセプトカー「BMW iX Flow」を発表。電子インク技術でボディカラーが瞬時に白から黒へと変更可能。

https://www.gizmodo.jp/2022/01/bmw-ix-flow-w-ink-car.html

新生デロリアンはEVになる?

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで、世界的な知名度を獲得したデロリアンこと「DMC-12」。1981年から1年間製造されたこの名車が、魔改造ではな...

https://www.gizmodo.jp/2022/02/delorean-ev-teaser.html

BMW 7シリーズ、31インチの車載スクリーンをついに搭載

移動するシアター。BMWが、毎年開催されるBMWグループカンファレンスにて、BMW 7シリーズを発表しました。航続距離600キロという電気自動車のBMW i7...

https://www.gizmodo.jp/2022/03/bmw-7-the-bmw-theatre-screen.html

初代から進化してもっと長く。前に伸びてトランスフォームする小型EV「iEV Z」

車体が伸縮する小型EV「iEV Z」がデンマークより発売。パーツは3Dプリンティングで製造。スマホでの操作も可能で、価格は5,850ユーロ(約76万円)。

https://www.gizmodo.jp/2022/02/iev-z-has-a-telescoping-body.html

暗号資産をマイニングする3輪EV「Spiritus」。いつか購入費がチャラになる?

カナダのトロントにあるDAYMAK AVVENIREより、3輪EV「Spiritus」が登場しました。150馬力で400kmを走り、時速0-100kmまでの加速...

https://www.gizmodo.jp/2022/01/crypto-trike-spiritus.html

シュッとした顔つきがカッコいい。BEVのジープ、欲しくない?

ジープが初のフル電動駆動のBEVを発表。2023年には発売予定。

https://www.gizmodo.jp/2022/03/first-ever-fully-electric-jeep-suv.html

EV時代のワーゲンバスこと「ID. BUZZ」の量産型が正式発表

2017年のデトロイト・モーターショーに登場したときに、拍手喝采で迎えられたフォルクスワーゲンのEVミニバン「ID. BUZZ」。ついに正式発表となりました。ま...

https://www.gizmodo.jp/2022/03/vw-ev-id-buzz.html

これはもう暮らせるでしょ、なキャンピングカー

14
Image: CampervanCo

日本のキャンピングカー市場は10年前の3倍の635億円と成長を続けており、特にここ4年間で約200億円ほど売上を伸ばしています。なかなか日本でここまでの大きさのクルマを所有するのは難しそうですが、いつかはキャピングカーほしいですね。個人的にはこの辺が気になっています。お金貯めなきゃだな……。

サンルーム付き2階建てに変身。中国の豪華なキャンピングカーが暮らせるレベル

2021年2月28日の記事を編集して再掲載しています。エレベーターで2階へGO!中国の自動車メーカー上汽集団(SAIC MOTOR)から、左右の壁が飛び出すだ...

https://www.gizmodo.jp/2022/01/saic-motor-maxus-life-home-v90-villa-editio.html

アメリカンサイズなフォードベースのPHEVキャンピングカーはさすがに車内ゆったり

フォード車をベースにしたPHEVキャンピングカー「Ford Transit PHEV Eco Evolution」。サブバッテリーとソーラーパネルを備えており電...

https://www.gizmodo.jp/2022/03/ford-transit-phev-eco-evolution-camping-car.html