ASUSがダサさから卒業してた。2-in-1ノートVivobook 13 Slate

  • 18,374

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ASUSがダサさから卒業してた。2-in-1ノートVivobook 13 Slate

感慨深いなあ。

思い返せば、わたしが初めてASUSのパソコンを知ったのは2011年の夏。当時使っていた家庭用ノートパソコンが急逝し、ちょうど大陸を跨ぐ引っ越しの最中だったのもあって、とりあえず近くの家電量販店に駆け込んで手っ取り早く購入したのがASUS Eee PCだったのでした。

このASUS Eee PC(当時はアスースって読んでた)、デザインがパッとしなくて、分厚くて、動作がモサッとしていて、おまけに付属で入っていたKINGSOFT Officeの使いづらさはピカイチでした。早い話、わたしがASUSへ抱いた第一印象は、決して良いものではなかったんですね。

それが今となってはこんなにカッコよくなったASUS(エイスース)。一体この10年間、内部でどんな革新があったの?

ロサンゼルス在住アーティストとコラボ

Image: ASUS

先日行なわれたグローバル発表会の終盤に登場したのは、これまでの(わたしの中の)ASUSに対するイメージを根底からぶち壊してくれるぐらいパワフルでポップなVivobook 13 Slate OLED

ロス在住のビジュアルアーティスト、スティーブン・ハリントン氏とのコラボから生まれたこちらの限定版、ゆるサイケデリックでめちゃ可愛いじゃないですか!!

Image: ASUS

いやー可愛い。タブレットとしても、ノートPCとしても使える13インチの2-in-1なんて特に必要もないはずなんですけど、それでも買いたくなってしまうぐらい可愛いです。

Image: ASUS

このカラーリングがたまらないですよね。パソコン開いたらもうそこはアメリカ西海岸、みたいな。

Image: ASUS

オプションで「マシュマロマウス」もあります。きゃわ!

Image: ASUS

しかも、アーティストご本人のご要望もあって、パッケージは再生可能な素材を使って環境にも配慮しているそうです。いいね、いいね!

イギリス在住アーティストとコラボ

Image: ASUS

ところ変わって、こちらはロンドンのアートシーンから生まれたクールでファンキーなVivobook 13 Slate OLED。ポップアーティストのフィリップ・コルバート氏のアイコンであるロブスターくんがフィーチャーされていて、こちらも目を引くデザインです。

Image: ASUS

なぜか目玉焼きだらけ。目玉焼きってふしぎとアートになるんですよね。なんでだろ。

Image: ASUS

ASUSペンホルダーとしても活躍してくれる、けなげなロブスターくんだったりします。

Image: ASUS

この案外潤いのある大きなお目目に見守られながら、動画を見たり、ネットを駆け巡ったり、友だちと深夜までゲームで盛り上がったりするわけですよね。ふつうの真っ黒いノートPCを使うのとはまたちょっと違った体験になるのかも。

10年前のわたしには想像もつかなかった進化を遂げているASUSに脱帽です。ヒップでポップなASUSに感服!

Reference: ASUS
Images: ASUS