TwitterでTwitter批判を展開するイーロン・マスクがTwitter筆頭株主に

  • 7,865

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
TwitterでTwitter批判を展開するイーロン・マスクがTwitter筆頭株主に
Image: @elonmusk / Twitter

「Twitter(ツイッター)は言論の自由を守り切れていない。マジで別のSNS立ち上げるかも」

…とつい先日までTwitterを一生懸命叩いていたイーロン・マスクが、なんとTwitter株式の9.2%(7348万6938株)を買収し、投資会社ヴァンガード(8.8%)、共同創業者ジャック・ドーシー(2.25%)を抜いていきなり同社の筆頭株主になっていたことが、月曜公開となった米証券取引委員会(SEC)の大量保有報告書(フォーム13G)で明らかになりました!

Bloombergがその事実を報じるや、Twitter株はFalcon9ロケットのように垂直テイクオフ。

20220404Elon_Twitter_after

一時は28%近く上昇し、金曜終値で28億9000万ドル(約3547億円)だったイーロンの持ち株の価値は、あっという間に10億ドル(約1228億円)も増えてしまってますよ。

「言論の自由」アンケート

Twitterは違反が多いユーザーのアカウントを削除したことで、言いたいことを言いたい人たち(主に保守系リバタリアン)から非難の声が上がっています。それに乗っかったのがイーロンで、先月25日にはこんなオンライン投票をTwitter上でやったばかりでした。

「言論の自由は民主主義には欠かせないもの。Twitterはこの大原則を忠実に守っていると思いますか? 」

アンケート結果は非常に重要な意味を持つ。よく考えて回答すること

集まった票は合計200万票で、YESが30%、NOが70%。NOが圧倒的多数です(翻訳時点)。まあ、アンケートの前振りで次のように書いて思い切り答えを誘導しているので、当然といえば当然の結果なんですけどね。

「Twitterはみんなが利用する意見交換の場なのに、言論の自由の原則を守り切れていなくて、これが民主主義を根幹から揺るがしている。どうしたらいいと思う?」

集計結果には「Twitter買収しちゃってよ」というコメントが付いて、いいねいいねの大合唱となっています。

アグラワル新CEOには不満だった

ジャック・ドーシーCEOが辞めて、パラル・アグワラルCTOが新CEOになったときには、粛清なんじゃないの?意味深な絵をツイートし、不満を隠しもしなかったイーロン。まさか本当に筆頭株主になってしまうとは…。

乗っ取るの?

気になるのは「乗っ取りなの?」「幹部据え替えもアリ?」という辺りのことですが、一応SECに提出した書類は13Gなので、それはなさそうです。これは乗っ取る意思やトップ交代などの議決権行使の意思がないときに出す報告書なので。

あと、CNBC出演のアナリストも「パッシブ株式」だと言ってました。もちろんこれまでの言動から判断して、限りなくアグレッシブなパッシブ株式になりそうだとも言ってましたが。確かに穏便に終わる気がしませんよね。世界一の金持ちが、たかだか1ビリオンドルの儲けが目的で動くとも思えないし。何を成すつもりなのか…。

ひとつ確かに言えるのは、これでよっぽどのことがない限り、イーロンをTwitterから追放できないってことですね、はい。