ASUSの新ノートが、爽やかデザインに最新スペックでちょうどいい

  • 28,988

  • author 山田ちとら
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ASUSの新ノートが、爽やかデザインに最新スペックでちょうどいい
Image: ASUS

性能・キレイさ・使い勝手のいいバランス。

怒涛の数と種類のノートPCを発表してきたASUS。最近ではとてつもなくデカいディスプレイ折りたたみPC「Zenbook 17 Fold OLED」を発表し、CES2022で話題をかっさらってましたね。

そんなASUSがグローバル発表会を行ない、新たに「Zenbook Pro 15 Flip OLED」と「Zenbook S13 OLED」の2機種をチラ見せしました。どちらも新2.8K有機ELディスプレイ(OLED)搭載で、最新プロセッサによってパフォーマンスが飛躍的に上がっているとのこと。怒涛の弾丸トークで明らかにされたアピールポイントを、サクッとまとめてみました。

パソコンとタブレットの間の子:Zenbook Pro 15 Flip OLED

zenbook-pro-15-flip-oled

これまでにも画面が360度回転するフリップ型はあったんですが、これはその中でも最大サイズ。ごく普通のノート型パソコンとしても使えるし、二つ折りにしてタブレットみたいに使えます。

そうなると動画を観たり画像を編集するのにもってこい。しっかりスタイラスにも対応しています。しかもリフレッシュレートは120Hz、Dolby Visionを搭載していて、Pantone認証も受けています。そしてGPUがさりげなくArc(Intelの独立GPU)。

画面は明るくキレイで、描画もArcでスムーズなはず。いずれ実物に触れてみたい!

かるくてかわいい子:Zenbook S13 OLED

zenbook-s-13-oled
16:10の画面比率が嬉しい。

もうひとつ発表されたZenbook S13 OLEDは、ASUS史上「もっともエレガントで洗練されたノートPC」 と銘打たれているとおり、これまでのASUSノートPCのイメージを一新するようなみずみずしさ。薄さ14.9mm、重量わずか1kgにして、13インチのOLEDノートPCとしては世界一軽いそうです。運びやすくて、自分のスタイルに合わせてカラーを選べるのは魅力的。プロセッサにはAMDのRyzen 7 6800Uを搭載しており、パワーも申し分なさそうです(しかも19時間バッテリーが持つらしい)。

正直、これまでのASUSのノートPCには無機質でちょっと無骨なイメージがあったんですよね。でも今回の発表はそれをいい意味で覆してくれましたし、ゲームPCを扱うROGブランドとは別の方向に進んでいるなと感じました。

5月に開催される台北国際コンピュータ見本市(COMPUTEX)に合わせて、ASUSは今回の2機種を含めた新型ノートPCを一斉に披露するローンチイベントを計画しているみたいなので、引き続きチェックせねば!

Images/Source: ASUS