精密構造の両刃でスッキリ深剃り。高コスパを誇るシェーバー「HENSON」が登場

  • 6,457

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
精密構造の両刃でスッキリ深剃り。高コスパを誇るシェーバー「HENSON」が登場
Image: Welcome Corporation

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

毎日のヒゲ剃りに、T字カミソリを好んで使っています。

電気シェーバーより剃りやすいと感じますが、それでも剃り残しは発生してしまうもの。うまく剃れていないことに気づくと、一日モヤモヤを引きずります。かといって、切れ味鋭すぎるシェーバーでカミソリ負けするのも嫌なので、多少の剃り残しには目をつぶるしかないと考えてきました。

ところが、剃りやすさと切れ味の両方を備えたシェーバーがあるとのこと。machi-yaでプロジェクトを展開する「HENSON」がそれです。

正直なところ、シェーバーの性能はどれもほぼ同じ、と思っていた筆者ですが、「HENSON」を知って考えを改めることに。プロダクトの特長を順にご紹介していきます!

刃の露出を最小限に

Sizzle_Clip_S1_-_3
Image: Welcome Corporation

シンプルな構造のシェーバーにちょっと工夫を施したところで、性能アップの度合いは知れているだろうと考えがちです。

でも「HENSON」では、“シェーバーはすでに完成形”との思い込みを覆すような構造上の変更が施されています。

「HENSON」は、刃の露出を最小限に抑えるような構造に。皮膚にあたる刃の角度は30°になるよう設計され、航空宇宙関連部品の製造に必要な国際規格、AS9100を取得している工場で精密に加工されています。

深剃りも思いのまま

Shave_3D_Animation_no_sound__Square__1
Image: Welcome Corporation

刃の露出が少なく最適な角度で固定されていることで、皮膚を傷つけづらいのに深剃りできるシェーバーを実現しているよう。刃がぶれにくく滑らかな剃り心地なのも、快適な使用感につながっています。

重厚なシェーバーでは重みで剃るのに対して軽量仕様(重量38g)の「HENSON」は、小回りが効いて自在に剃るのが得意です。

ヘッドが動かないタイプですが、刃のあたる角度が20~55°の範囲で剃れるのでカミソリ初心者にも扱いやすそう。慣れればさらに、顎のカーブにジャストフィットするような微調整も可能になるんじゃないでしょうか。

日々のメンテナンスが簡単

@3img02
Image: Welcome Corporation

シェーバーはメンテナンスが割と面倒です。これを怠って目詰まりを起こすとダイレクトに切れ味に影響します。その点「HENSON」なら、ヘッドの裏側に設けられた溝から剃ったヒゲやクリームが排出される仕組みに。目詰まりを起こしにくくなっています。

電気シェーバーや3枚刃のシェーバーなんかと違って、構成パーツがシンプルな点にもメリットがあります。剃り終わった後は水ですすぐだけでOK。パーツをバラしてのメンテナンスはたまにで良さそうです。

市販の替刃が使用できてコストを安く抑えられる

@3index_04
Image: Welcome Corporation

替刃は5枚付いてきますが、これを使いきっても市販のものが使えます。替刃にこだわらなくても精密なつくりが深剃りを促してくれるタイプなので、コストを抑えつつ毎日のヒゲ剃りの完成度が高められるのが嬉しいです。

ボディには航空宇宙グレードのアルミニウムを採用。アルマイト処理により酸化被膜でコーディングされているので、丈夫で錆びにくくなっています。

さらには、持ち手とヘッドの間の消耗しやすい部分には、硬度が高いタングステンが施されていて長く使えそうです。

デラックスな8色展開

@3img04
Image: Welcome Corporation

カラーは8種類用意されていてよりどりみどり。「Aircraft Aluminum(エアクラフトアルミニウム)」「Jet Black(ジェットブラック)」「Steel Blue(スティールブルー)」「Tan(タン)」「Rocket Red(ロケットレッド)」「Military Green(ミリタリーグリーン)」「Purple(パーブル)」「Coral(コーラル)」となっています。

シェーバーには無機質なカラーが多い中、こうした選択肢はありがたいです。女性も抵抗なく利用できるんじゃないでしょうか。


刃の露出が最小限、安心して深剃りできる「HENSON」は現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では超超超早割14%OFF、一般販売価格15,900円(消費税込み)のところ、13,670円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。自在な深剃りで、新しい年をスッキリ始めてみてはいかがでしょう?

プロダクトの仕様詳細は、以下のページにてご覧いただけます。

Image: Welcome Corporation

Source: machi-ya

    あわせて読みたい