【ダイソン掃除機比較①】とにかく手軽に掃除をしたい。階段やスポット掃除に強いヤツは?

  • 9,814

  • author 小暮ひさのり
【ダイソン掃除機比較①】とにかく手軽に掃除をしたい。階段やスポット掃除に強いヤツは?
Photo: 小暮ひさのり

自分にピッタリのDysonを見つけましょう!

Dysonの掃除機、吸引力は強いけど、すべからく重いくてごつい!というイメージがありましたけど、今やそれは過去のもの。現在のDyson掃除機ラインナップは、軽量のフェザー級から、パワーファイターまでバランスよく揃っています

でも、そうなるとベストな1台選びも難しくなってくるんですよね。日本の家庭は、広さも構造も人数も、ライフスタイルも多岐にわたりますし、「Dyson気になってるけど、自分に向けたDysonってどれなんだろう?」という疑問を抱えている人も多いハズ。

そこで、ここではDysonの売れ筋モデルから、特徴の異なる3種をピックアップ

Dyson Micro 1.5kg(この記事)

Dyson Digital Slim

Dyson V12 Detect Slim

それぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。ぜひ、自分にあった1台を見つけてみてください

Dyson史上最軽量! 気になったらすぐに掃除できる最強のフットワーク

2021-11-12dyk0a1
Photo: 小暮ひさのり

Dysonって重いんでしょう? というこれまでの常識を覆し、シリーズ最高の軽さを誇るのが、「Dyson Micro 1.5kg」です。製品名に1.5kgとか書いちゃうのがカワイイし、実際めちゃくちゃ軽いのがこちらの掃除機。

まずメリットは突き抜けたフットワーク性

モックアップですか?と疑いたくなるくらいのレベルで、片手でひょいひょい持てちゃうんです。この軽さだと「あっ、ゴミ落ちてる…」とゴミに気づいたときに、すぐに取り出してサッと掃除できるんですよね。言うなればクイックルワイパーレベルのカジュアルさで、ちゃんとした掃除機かけの床掃除ができるモデルと言えます。

2021-11-12dyk0a2
Photo: 小暮ひさのり

ホントに軽いので対・階段も最強ですし…。

2021-11-12dyk0a3
Photo: 小暮ひさのり

女性でも片手でヒョイッと持ち上げて掃除できちゃうレベルです。ちょこちょことした日常の掃除のハードルを1ランク下げてくれる存在だと感じました。

また、この軽さとカジュアルさは、ロボット掃除機と強力なシナジーを発揮します。

メインの床掃除はロボット掃除機にまかせて、到達できない場所や取りこぼしたゴミを掃除するのはコレで十分だと感じました。だってスポット掃除に、デカくてパワフルな掃除機なんて要らなくないですか? もうピュアに軽さと使い勝手を求めてもいいと思うんです。


おすすめの使い方:サブ掃除機としてスポット掃除

2021-11-12dyk0a4
Photo: 小暮ひさのり

こうも小さいと吸引力は?って気になりますよね。

運転時間は最大20分、強モード8分(モーターヘッド利用時は18分、強モードで5分)。吸引力やバッテリー持ちはDysonの中では控えめで、ゴミを貯めるクリアビンの容量も小さめ。ヘッドも他のモデルよりも横幅が短いので、「家」全体の掃除よりも「部屋」や「場所」単位の掃除に適した掃除機といったポジションになってきます。

大掃除でしっかりと掃除したい!とか、毎日家中ピカピカに掃除したい!な使い方には不向きなんですけど、現代ってこうした掃除スタイルって減ってますよね。

汚れたところだけササッとお掃除するだけで、清潔で快適に暮らせますし、ちょこちょこっとしたスポット掃除用のサブ掃除機と割り切ると、これほど優秀なサブはそうはいません。こまめな掃除が苦じゃなくなるので、日常の綺麗レベルが1ランク確実に上がると思います。

「Dyson Micro 1.5kg」のまとめ

・最軽量の1.5kg
・フットワーク性能はダントツ
・吸引力とバッテリーはそこそこ
・一人暮らしやスポット掃除のサブ掃除機として強い

Source: Dyson

    あわせて読みたい