珪藻土だけど柔らかい。吸水力と肌触りを両立したバスマットが登場

  • 6,052

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author kotoha ozawa
珪藻土だけど柔らかい。吸水力と肌触りを両立したバスマットが登場
Image: テクノゲートウェイ株式会社

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

お風呂上がりのバスマット、足を置いたときに濡れているとあまりいい気はしませんよね。濡れたままだと雑菌やカビの発生原因にもなるので、サッと吸収してすぐ乾いてくれるのが理想。

そんな課題に珪藻土マットが人気となりましたが、重さや強度、メンテナンスの面で使いにくい側面があるのも事実でした。

本日ご紹介するもちもちサラサラの珪藻土マットもちサラ」は、そんな従来の珪藻土マットの常識を覆す柔らかさとメンテナンスのしやすさが特徴のアイテムなんだとか。

現在姉妹サイトmachi-yaでお得なキャンペーンを実施でしたので、早速詳細をチェックしてみましょう!

病みつきになるもちもちサラサラ感?

bathmat5
Image: テクノゲートウェイ株式会社

珪藻土マットと聞くと、厚みのある硬い板を想像する方も多いのでは?

「もちサラ」は、珪藻土マットの吸水力と布製バスマットの柔らかさのいいとこ取りをしたバスマット。「グリッド」と呼ばれるインナーと外側のカバーに工夫を凝らすことで、いつ足を乗せてもサラサラと乾いたような肌触りが実現したそう。

bathmat11
Image: テクノゲートウェイ株式会社

カバーには、ソフトストレッチダンボールニットという素材を採用。

Kv-fuwasara1_ma
Image: テクノゲートウェイ株式会社

空気の層ができる構造により厚みと軽さを両立させることで、触った時のもちもち感や生卵を落としても割れないほどの柔らかさになっているんだとか。

bathmat2
Image: テクノゲートウェイ株式会社

「グリッド」と呼ばれるインナーは、粉状の珪藻土にシリカゲルにミョウバンや酸化亜鉛を加えて特殊な不織布に封入したもの。

珪藻土だけでは物足りなかった抗菌力をプラスすることで、毎日の洗濯の手間を減らしながらも快適に使えるんだそう。

硬くないから扱いやすい

bathmat8
Image: テクノゲートウェイ株式会社

脱衣所では裸足になりますが、硬いマットに足の指をぶつけて痛い思いはしたくないですよね。

その点、布と同じように扱える「もちサラ」はケガの恐れが大きく減るので安心かも。特に高齢の家族や小さなお子さまのいる家庭では大事なポイントかもしれません。

bathmat1
Image: テクノゲートウェイ株式会社

柔らかいマットなので多少の段差は問題ないとのこと。

bathmat15
Image: テクノゲートウェイ株式会社

重量も板状珪藻土マットと比べると約1/6の軽さになるため、移動や保管も手軽。

使わない時はピンチハンガーに吊るしたり畳んで保管したりと省スペース化が可能で、板状マットのような倒して割れる危険もないのが良いですね!

お手入れも簡単

bathmat12-5
Image: テクノゲートウェイ株式会社

「もちサラ」の強みの一つが洗濯の手軽さ

インナーを取り出してカバーを洗うだけなので、大きなバスマットほどかさばりません。

bathmat6
Image: テクノゲートウェイ株式会社

カラーは11色と、バリエーションも豊富。

いずれもインテリアにも合わせやすそうな落ち着いた色合いですね。なお、一般販売の際には色数が絞られるそうなので、気になる色がある場合はキャンペー中に購入するのがおすすめかも。


珪藻土なのにもちもち触感がポイントな洗える珪藻土マット「もちサラ」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では11%OFFの3,987円(送料・税込)からオーダー可能でしたので、気になった方は下記リンクからチェックしてみてくださいね!

>>珪藻土なのにもちもち!?洗濯できる珪藻土マット「もちサラ」

Source: machi-ya

    あわせて読みたい