Teslaの特許「レーザーワイパー」がとてもTeslaらしい

  • 83,167

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
Teslaの特許「レーザーワイパー」がとてもTeslaらしい

好きそう。

Teslaのエンジニアと聞けば、自動運転の開発めっちゃがんばってるんだろうなぁと思いますが、中にはこういう開発やってる人もいるようです。レーザーワイパーだって。なんともTeslaぽい!

車の既存ワイパーって基本はずっと同じというか、もっといい方法ないんか?進化せんのか?って思うことけっこうあります。ワイパーブレードの交換怠ると、かえって見にくくなっちゃうしさ。で、この解決策として、Teslaが考える次世代ワイパーがレーザー。

特許認可がおりたのはつい先日ですが、Teslaがレイザーワイパーを米国特許商標庁に申請したのは2019年5月のこと。特許に書かれているのは「破片感知電気回路構成」が、フロントガラス表面に蓄積する砂埃などのよごれを感知し、レーザーで除去する(焼きとる)ことでガラスをクリーンな状態に保つというシステム。汚れの位置や大きさ・量によって、レーザーの出力強度が調整されます。特許のイラストには、鳥のフンが例として描かれています。これをレーザーでジュっ!

210915teslalaserwipers01
Image: United States Patent and Trademark Office

レーザーって大丈夫なの?と心配になりますが、特許の説明では大丈夫ということになってます(そりゃそうだけど)。レーザーはパルスレーザーなので、ガラスの厚みを突き破るようなことがないよう制限されているそう。…じゃぁ、車の周りにいる人は? レーザーが何かに反射することは?

あくまでも特許であり実装されるかは別の話なんですが、気になっちゃいます。そもそも、自動運転だって想定された理想環境では問題ないわけですが、予期せぬことが起きてしまうのが現実の世界なのでね。

レーザーワイパーなら、目の前を左右に動く物理ワイパーで視界が遮られることがないという利点は魅力的ですけれど。いや…、鳥のフンがレーザーで焼かれる様子を凝視しちゃいそうで、それはそれでちょっと不安か。

Source: USPTO

    あわせて読みたい