映画撮影でも使えるiPhone 13 Proのつよカメラ #AppleEvent

  • 7,097

  • author 武者良太
映画撮影でも使えるiPhone 13 Proのつよカメラ #AppleEvent

撮影後にピントや絞り調整ができるってすごない?

新しいiPhone 13 Pro。これ量販店のカメラコーナーでも売るべきじゃないでしょうか。

210915-1036
Image: アップル

メインカメラの構成は77mm×3倍光学ズームの望遠f/1.8で明るく寄れる超広角マクロf/1.5で1.9ミクロンピクセルと画素サイズが大きいセンサーを用いて暗部の撮影力がアップした広角の3眼。超広角から望遠まで合計6倍のズームとなりました。

210915-1061
Image: アップル

被写体まで2cmまで寄れる超広角マクロも、心躍るポイント。エッジが切り立っている鮮明さで、スマホ写真とは思えませんねコレ。

210915-1046
Image: アップル

三脚を使えば従来よりも長いブラケット撮影ができるナイトモードもよし。お、しかも3つのカメラすべてでナイトモードが使えるんですね。

210915-1086
Image: アップル

パワフルなA15 Bionicをブン回すのでしょう。PhotoShopでアルファチャンネルやマスクを作りまくって編集するよな作業をフルオート、リアルタイムでやってくれます。

210915-1144
Image: アップル

動画撮影の現場においてもiPhone 13 Proは頼れる存在となります。シネマティックモードは撮影後にピント位置を選べるから、奥行きの表現を編集時にじっくりと追求できる。

210915-1156
Image: アップル

画質そのものも美しい。大きなカメラを抱えて走るのは大変過ぎますが、iPhone 13 Proの小ささなら撮影領域が広がり、今までと違った映像表現が可能となるでしょう。

これからiPhone 13 Proに合わせた撮影方法が作られていくはず。映画の、映像の見せ方が変わる転換期となるかも。

iPhone 13 Pro ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい