1億画素カメラ搭載で3万4800円。Redmi Note 10 Proは売れるでしょう

  • 21,236

  • Buy
  • author 武者良太
1億画素カメラ搭載で3万4800円。Redmi Note 10 Proは売れるでしょう
Photo: 武者良太

1億画素級が本当に必要かどうかも含めて、一度使って確かめてみるべきスマホかと。

3万4800円で、ここまでのスマホが買えちゃうとは。初めて「Redmi Note 10 Pro」を手にしたときの思いがそれでした。格安スマホのカテゴリに含まれるRedmiブランドですが、なかなかどうして作りがご立派なんです。

グラデーションを楽しめるボディにストレスフリーなSoC

DSC06742
Photo: 武者良太

まずボディカラーがいい。今回お借りしたのはグレイシャーブルーというカラーですが、光が当たる角度によって色のグラデーションの変化が楽しめます。しかもマット感を出すためでしょうか。磨りガラスのような半クリア層を重ねており、高級感があります。

DSC06650_R
Photo: 武者良太

画面は6.67インチと大きめですが、ベゼルが細めかつカーブがつけられており、握りやすい。基本的な操作は片手でも行ないやすくなっています。

またSoCに使われているQualcomm Snapdragon 732Gが侮れません。5Gにこそ非対応ですが、『ウマ娘』、『PUBG』を遊んでみても、カクつきなしストレスなし。さすがのタッチサンプリングレート240Hz、負荷がかかっているときのタッチレスポンスも良好です。ディスプレイの色味もハッキリクッキリかつヌルヌルでめっちゃ綺麗が押し寄せてきます。120Hzのリフレッシュレートは伊達ではありません。

DSC06647
Photo: 武者良太

イヤホン端子もあるからサウンドも完璧リップシンクですし、ヘビーな動画ビューワーでも納得できるはず。

3万円台の1億画素カメラ、その実力は確か

DSC06640-2
Photo: 武者良太

そして、カメラです。

IMG_20210414_200840_R
Photo: 武者良太

新品3万円台で買える古今東西のどんなデジカメよりも、夜景に強いから。

IMG_20210413_195611_R
Photo: 武者良太

シチュエーションによってはクレヨンっぽさ塗り絵っぽさが出てしまいますし、

IMG_20210414_190407_1-2_R
Photo: 武者良太

室内撮影時のRAW画像を現像すると、ノイズはやっぱり多いかなと思えちゃう。でもですよ。3万4800円のカメラとしてみたら素晴らしすぎるでしょう。

IMG_20210414_203117_R
Photo: 武者良太

強い光源を入れると、それも気にならなくなりますし。というか白の捉えかた見せかたが上手い気がするコイツ。

IMG_20210414_181310_R
Photo: 武者良太

1/1.52インチで1億800万画素の画素を持つセンサーの余裕を活かし、9つのピクセルを1つのピクセルとして扱う2.1μmスーパーピクセルの効果は確かなものがありますね。

IMG_20210413_161757_R
Photo: 武者良太

ポートレートモードの後付けボケもなかなかの精度じゃないですか。

IMG_20210413_154138_R
Photo: 武者良太

背景がゴチャゴチャしていてもメインの被写体とそれ以外を分ける力があります。

kakudai01_R
Photo: 武者良太
kakudai02_R
Photo: 武者良太

1億800万画素で撮った写真から1980x1080ピクセルへの切り出しですが、こういったクロップ耐性は残念ながら弱かった。発表会時のクロップ写真はもっと情報量豊かだと思ったのですが。

クロップ画像、デジタルズーム画像だと同系色のグラデーション部が塗り絵となりやすいのは、他の超高画素スマホも同じ傾向です。センサーサイズが大きくならないと改善できないかもなと思えるところ。

IMG_20210413_164432_1-2
Photo: 武者良太

500万画素のマクロはいいね! ちょっとコントラストをいじりましたが、かっちりとシャープです。これはガチで使えます。

IMG_20210414_181846_R-1
Photo: 武者良太

金属とかガラスとか、硬いものの表現に優れているのかなと思いましたが、飯テロしたい方にもおすすめできますねコレ。3万円台のスマホで、いろいろ使えるテーブルフォトが撮れちゃうんだもん。

IMG_20210413_165428_R
Photo: 武者良太

800万画素の超広角もキリっとシャープで抜けがいい。

IMG_20210413_191901_R
Photo: 武者良太

ただしコイツを夜景撮影時に使うと、またでてきました塗り絵です。ナイトモードのノイズリダクション効果をユーザーが調整できるようになると、いいな。

image(12)
Photo: 武者良太

動画の性能も申し分なし。メインカメラとフロントカメラで同時撮影できますし、

Vidoe: 武者良太/YouTube

720p/960fpsのハイスピード撮影なども可。これは遊べるカメラですよ。

DSC06656_R
Photo: 武者良太

なおタッチセンサーは電源ボタンのみ。こういう部分にミドルレンジスマホらしさを感じますが、個人的にはディスプレイ内蔵式より使いやすいと感じますよ。

あらためて。Redmi Note 10 Proのお値段は3万4800円です。メインスマホになりえるスペックでこのバーゲンプライスです。売れるだろうなあ。

Source: シャオミ

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Redmi Note 10 Pro ほしい?

  • 0
  • 0
シャオミ

シェアする

    あわせて読みたい