アウトドアで手洗いや汚れもの洗いに便利な折りたたみ流し台

  • lifehacker
  • Buy
  • author 田中宏和
アウトドアで手洗いや汚れもの洗いに便利な折りたたみ流し台
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

水回りが大切なのは、家だけじゃなくアウトドアでも同じことです。

キャンプ場など、きちんとした流し台がある場合はいいのですが、そうでないこともありますよね。

JEJアステージの「I.BEAM 簡易流し台」は、組み立て式のポータブル流し台

どこでもかがまずに顔や手などを洗えますよ。

どこでも流し台が作れる

Image: Amazon.co.jp

上の画像のように、高さを合わせたキャンプテーブルと「I.BEAM 簡易流し台」を組み合わせれば、作業性の高いキッチンを作れそう。

排水ホースをバケツやポリタンクの中に入れておけば、洗剤を使ってもそのまま自然に垂れ流さずに済みます。

また、排水ホースの出口に三角コーナー用のメッシュ袋をゴムで取り付けておけば小さなゴミをキャッチすることができますね。

コンパクトにたためて持ち運びやすい

Image: Amazon.co.jp

I.BEAM 簡易流し台」の脚部は、取り外したらシンク部に爪で引っ掛けておける仕組みになっているようです。

それに、折りたためるうえに取っ手も付いているため、持ち運びはかなり楽そう。

しかも、4本の脚をフタに見立てて、付属のホースだけじゃなく、鍋やボールなどを収納しておくこともできるようです。

キャンプのときや、家に持ち込みたくない汚れものに

Image: Amazon.co.jp

シンクの内寸は、幅約44.7cm×奥行約34.7cm×高さ約10.8cmで、容量は約16.8リットルとのこと。

深さは浅めですが、ワンルームの小型キッチン並みのサイズ感なので、使い勝手が良さそうです。

I.BEAM 簡易流し」は、キャンプ釣りなどのアウトドアのレジャーだけでなく、自宅の玄関先で使っても便利でしょう。

たとえば、運動部の子どものユニフォームや靴の泥を家に持ち込まれる前に落とすのに良さそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。


Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい