目盛りが上から読める計量カップが便利! 調理効率がさらにはかどる

  • 6,674

  • lifehacker
  • Buy
  • author 中川真知子
目盛りが上から読める計量カップが便利! 調理効率がさらにはかどる
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

おうち時間が増えて、料理に凝っている人が増えているようです。料理が苦手な私も、子どものために頻繁にお菓子を作るようになりました。

そんな料理やお菓子作りのハードルを下げてくれるのが、賢いキッチンアイテム。

OXOの「アングルドメジャーカップ」は、調理中に素早く目盛りを読み取れる、優秀な計量カップなんです。

目盛りを見るのに屈む必要なし

Image: Amazon.co.jp

アングルドメジャーカップ」は、内側に上から見てわかるように目盛りがついています

だから、目盛りを読み取るために、屈んだり持ち上げたりする必要がありません。

また、目盛りは、mlcupsの両方で表記されているので、どちらで記載されているレシピでも対応できますよ。

ちなみに、100mlまでは10ml単位で目盛りが刻まれており、それ以上は50ml単位になっています。

私は実際にこの「アングルドメジャーカップ」を使っていますが、190mlを測るときはざっくり、もしくは150mlを量ってから40mlを測り直して足すようにしています。

電子レンジOK

Image: Amazon.co.jp

嬉しいことに、「アングルドメジャーカップ」は電子レンジに対応しています。

計量したものをそのまま加熱できますが、ハンドルが本体から離れているため、熱さを感じにくいのもポイントです。

しかも、ハンドルは滑りにくく、親指用のくぼみまでついているので、手が濡れていてもしっかりと握れますよ。

さらに、目盛り一杯入れても満水量まで余裕があるので、運ぶときにこぼしにくいです。

右手でも左手でも使いやすい

Image: Amazon.co.jp

そのほか、「アングルドメジャーカップ」はユニバーサルデザインなので、左利きの人にプレゼントしても喜ばれそうです。

サイズはミニとありますが、私は縦18cm×横11cm×高さ10cmの中サイズを使っています。

注ぎ口が広く手を入れやすいので、小袋に入った冷凍のタレを流水解凍するときや、ひじきや切り干し大根などの乾物をもどすとき、1人ぶんのオムレツを作るときなど、大きなボウルを使いたくないときに重宝しています。

使い勝手が良く、調理の効率をアップしてくれる「アングルドメジャーカップ」、おひとつキッチンにいかがでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい