質実剛健! チタンメイドのプレミアムなペン「TTi-108」のキャンペーンが終了間近

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author Junya Masuda
質実剛健! チタンメイドのプレミアムなペン「TTi-108」のキャンペーンが終了間近
Image: TiMaze

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

高耐久で軽量、そして金属アレルギーを起こしにくく、医療から航空宇宙機まで幅広い分野で活躍するチタン。

この素材に惚れ込んで、ユニークなチタン製品を数多く作っているブランドも数多くあるんですよ。

香港のTiMaze社もその1つなんですが、現在姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「TTi-108」は、ほぼすべてがチタン製というプレミアムな仕様のボールペンボルトアクション機構が搭載されており、シンプルながら少し無骨でタフな要素も併せ持つ製品となっています。

こちらのキャンペーンがあと3日で終了になるので、おさらいしておきます。

パーツはほとんどチタン製

parts_madeby
Image: TiMaze

まずはこのパーツ分解表をご覧ください。リフィルを除くと10パーツのうち、8個がチタン製となっています。

titanium
Image: TiMaze

チタンは高い耐久性や腐食への強さが主な特徴ですが、実は用途などによって規格が分かれています。

「TTi-108」に採用されているのはグレード5と呼ばれる規格。幅広く利用されており、主な用途は航空宇宙産業の部品などが挙げられます。

宇宙船の部品と同じ素材、と考えるとロマンがありますね!


癖になりそうなボルトアクション機構

GEAR_explain
Image: TiMaze

ボルトアクションという行為は、ライフル銃などで弾丸を装填したり排出する機構のことですが、その動作をペンの出し入れにも応用したものになります。

「TTi-108」では2段階のS字ボルトアクション機構を採用し、ペン先の反対側へアクションさせるとオプション機能を利用可能。

このオプションは選択式で、サバイバル時に役立つガラスブレーカースマホなどのタッチ操作ができるスタイラスから選択可能となっています。


IMG_6792
Image: TiMaze

本体重量は約33g。ほぼフル金属のため、プラスチック製のペンに比べると重めではありますが、程よい重量感を味わえそうですね。

IMG_6791
Image: TiMaze

グリップ部には50ものスレッド(溝)が刻まれています。滑り止めの効果を持ち、書き心地を向上してくれるのだとか。


こだわりのプレミアム加工

PVD
Image: TiMaze

「TTi-108」にはいくつかのカラーバリエーションがありますが、ブラックとブルーはPVD(物理蒸着)と呼ばれる特殊な表面コーディング処理が施されています。

この処理は高級時計にも採用されていたりなど、よりチタンを楽しむプレミアムな処理と言えそうですね。

ちなみにこの処理により、もともと金属アレルギーを起こしにくいチタンの性質がさらに高まるのだとか。


超特別モデルも

IMG_6945
Image: TiMaze

さらにプレミアムな1本をお求めの場合は、「タイマスカスモデル」がいいかもしれません。

複数のチタン合金を組み合わせ、鍛錬とねじりを繰り返すことで、ミルフィーユのような30以上の金属層が折り重なるユニークな模様が特徴です。


リフィルで選べる2つのモデル

IMG_6771
Image: TiMaze

リフィルは国産のパイロット社製品を採用。書き味も含め、馴染みのある方も多いと思いますし、なによりインク切れでも簡単に手に入るというのは、長く使うには重要ですね。


TTi-108
Image: TiMaze

選ぶリフィルによって2モデルに分かれており、若干ですが重さと長さが変わります。


プレミアムなチタン製ボルトアクションペン「TTi-108」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。スタンダードなグレーモデルが16,600円(送料込)からオーダー可能となっています。

キャンペーンは終了まで残り3日となっているので、チタン愛に溢れた至極の一品をこの機会にお見逃しなく! 詳細は以下のリンクから確認してみてください。

>>チタン製のボルトアクション「TTi-108」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい