Galaxy S20 Ultraには「ハズレ」がある模様

  • 40,198

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
Galaxy S20 Ultraには「ハズレ」がある模様
Photo: Sam Rutherford/Gizmodo US

そもそも日本は関係ないみたいだけど…。

Samsung(サムスン)の最新フラッグシップモデルのGalaxy Sシリーズは、そのハイスペックなパフォーマンスも人気の秘密です。ドデカい「Galaxy S20 Ultra」なんて、残念ながら、まだ日本国内市場には正式に投入されていませんけど、もしも発売されたら、優に15万円を超えるモンスター級のスマートフォン。ところが、すでにGalaxy S20 Ultraが発売されている地域の一部のユーザーから、ちょっと心配なクレームが相次いでいるみたいなんですよね。

200423exynos2
Image: Samsung Forums via Gizmodo US

実はSamsungは、Galaxy Sシリーズにおきまして、同じモデルでも、Qualcomm(クアルコム)Snapdragonチップを採用したり、自社製のExynosチップを採用したり、主に発売地域に応じて、内部の仕様を異ならせてきた経緯があります。しかしながら、Galaxy S20 Ultraをめぐっては、Snapdragon 865チップのモデルだと満足度が高いそうのですが……Exynos 990チップを搭載しているモデルのユーザーから、スクリーンが緑がかってしまうだとか、急に本体が熱くなったり、バッテリーが急激に減ったり、カメラのピントが合わなくなったり、ポケモンGOなどのゲームが正常に動かなかったりといった報告が、続々と届いていますよ!

どうやらディスプレイが緑っぽく変色する不具合は、ソフトウェア面でのバグの可能性が高いみたいですけど、Exynos 990チップモデルのGalaxy S20 Ultraでのみ発生している問題の模様。バッテリー残量が25%を切って、リフレッシュレートが120Hzモードのときに起きるんだとか。ちなみに、北米では、Snapdragon 865チップモデルしか発売されておらず、アジア諸国やオーストラリアにExynos 990チップモデルが多いとのことですね。

今回、大きな批判の的になっているのは、これまでSamsungは、お膝元の韓国で、自社製のExynosモデルを中心に供給してきたのに、Galaxy S20 Ultraは、Snapdragon 865チップモデルを出している点です。もしや、Samsungは、Exynos 990チップのほうが、Snapdragon 865チップより劣ることを知ってて、ホームグラウンドの韓国で、わざと切り替えてきたのでは?と勘繰られているわけです。

その真相はともあれ、なんとなく、同じGalaxy Sシリーズのスマートフォンを手にしていても、Snapdragonチップのモデルだと、アタリのような気分になってしまうのは仕方がないことなのでしょうか? 決して安い買い物ではないので、手にしたモデルのスペック違いで、損得が生じてしまうような状態にだけはなってほしくないものですよね。

    あわせて読みたい