コロナウイルスで医療器具のパーツが不足したイタリアの病院、3D印刷で急場をしのぐ

  • 29,696

  • author 岡本玄介
コロナウイルスで医療器具のパーツが不足したイタリアの病院、3D印刷で急場をしのぐ
Image: Cristian Fracassi/facebook

思いついて電話をかけた病院の機転もスゴい。

イタリアでも新型コロナウイルスが猛威を振るうようになった影響で、イタリアの都市・ブレシアの病院では、集中治療室で使う人工呼吸器のバルブを使い切ってしまいました。しかも予想以上の使用量だったため追加発注が間に合わない!

ですが一転、3D印刷でソックリなものを作ることに成功し、患者の命を救うことに繋がった…とFuturismが伝えています。

13日の金曜日中に危機を乗り越える

それは3月13日の金曜日のこと、病院はバルブを届けてくれる業者に連絡するも、すぐには用意できないことが判明してしまいました。そこで地元にある3D印刷を行なう会社に連絡したところ、ものの数時間でいくつもの複製品が完成。13日中には10人の患者が人工呼吸器で治療できることとなりました。

もしこの代替品がなければ、コロナウイルスに罹患した10人は命を落としてかもしれないので、迅速に対応できた3D印刷技術が人の命を救うことになったのでした。

こちらが3D印刷会社の社長、クリスチャン・フラカッシさんによる投稿です。

酸素マスクの弁

3D Printing Media Networkによりますと、このバルブはヴェンチュリー・マスクという、口元で酸素吸入をするためのマスクから、ホースに伸びる途中に使われるとのこと。病院は何軒かの3D印刷業者に電話をかけ、フラカッシさんの会社が手伝ってくれることになり、すぐさま病院に印刷機が搬入されて、院内でバルブが続々と作られていったのでした。

普通なら特許侵害になってしまう

フラカッシさんは、別の投稿にて「人としてやるべきことをしたまでで、英雄扱いされるようなことではない」と綴っており、今回の件で報酬は得ておらず、よほどの状況下でない限りまた複製することもない、と報告しています。

また、バルブには特許があるので不用意に複製品を作ることは違法となってしまいます。今回は緊急かつ特殊な事情があったので、特例的に印刷されたようです。


3D印刷で迅速に複製を作ろうと思った病院の機転もさることながら、それを受け入れた印刷業者もあっぱれ。見事な連携でした。たしかに非常時では、部品の裏にある権利までは気が回らないでしょうけれども…。万が一のときには3Dプリントが命を助けることもあると憶えておいて損はなさそうです。

Source: 3D Printing Media Network, facebook via Futurism

    あわせて読みたい