AI兵器、ロシアや中国のほうが米軍の上を行っているらしい

  • 9,326

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
AI兵器、ロシアや中国のほうが米軍の上を行っているらしい
Image: Ivan Cholakov/Shutterstock.com

これから米軍本腰を入れ始める?

いまや人工知能(AI)は、周囲のいろんなところで活用されています。人間が細かな判断を下さずとも、機械が勝手に状況を把握して決定し、人間では見逃しがちだった解析結果まで発見されるようになったり、AI導入のメリットには、計り知れないものもあるでしょう。でも、それは軍事面では大きな変化が生じていることを意味していますよ!

このほど米国家安全保障会議(NSC)は、AIについての諮問機関となるNSCAI(National Security Commission on Artificial Intelligence)より、最新の内部調査報告書を発表しました。そこには驚くべき警告として、いまや中国とロシアが、AIの軍事利用で米国のはるか先を行っており、この分野で米軍が遅れを取り続けるならば、致命的な結果を招くとのメッセージが織り込まれています。

実際の戦闘面での不利益のみならず、サイバー攻撃への対処や思想戦ならびに心理戦でも劣勢になるため、速やかに開発研究を強化すべきだとの勧告がなされていますね。

われわれは競争の真っただ中にある。すでに戦いは始まっていることに疑問の余地はなく、勝利を得なければならない。しかしながら、現時点で米政府はAIの可能性を十分に理解しておらず、公的な分野でも私的な分野でも、大きな変革が求められている。

今回の報告書の発表された会議の席で、NSCAIの議長を務めるエリック・シュミット氏は、このように語りました。そう、あのGoogle(グーグル)の前CEOのシュミット氏です。

シュミット氏は米政府機関において、新技術となるAIの導入をためらい、その意義を軽視する風潮が根強いことを憂慮しつつ、根底となる考え方から変わらなければならないと訴えていますよ。たとえば、当のGoogleは、AIを駆使するドローンの開発分野で、今後は米国防総省と共同研究を進めることはないとの方針を表明。その裏には、米政府機関の協力姿勢が、あまりにも消極的だったため、方針変更を余儀なくされたとの経緯まで明らかにされています。

米軍がAIの軍事利用に消極的な原因としては、倫理面での抵抗感も指摘されました。人間の手を離れ、AIで駆動するロボットが、まるでターミネーターのように次々と人を殺していく世界が誕生してもよいのか? とはいえ、そうこうしているうちに、中国やロシアは、どんどんとAIによる兵器を生み出してきており、結局は人間の兵士がAI兵器の前に倒されていく惨劇は必然的に起こってしまうでしょう。その対抗手段として、米軍もAI兵器の研究開発を急がねばならないと提言されているみたいですよ…。

あくまでも同報告書は、来年度に多くの予算を引き出す目的もあって、危機が過大に強調された形は否めませんけど、もはや戦場でのAI兵器フル稼働は、避けて通れない道なのでしょう。

5Gネットワークや量子コンピュータなどの分野で、米国が世界でトップを走ろうと全力をあげているように、AI兵器の研究分野でも、多額の予算を割いて、開発を加速していかねばならないとのメッセージが、強く打ち出されているようです。戦争の形が、大きく変わろうとしているんでしょうね。

Source: NSCAI

あわせて読みたい

powered by