大ブレイクしてるガチョウゲームを鳥好きの編集者がプレイしてみた

  • 9,976

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • 山田ちとら
大ブレイクしてるガチョウゲームを鳥好きの編集者がプレイしてみた
Image: Epic Games via Gizmodo US

いい人しているのに疲れたら、悪いガチョウになってウサ晴らし!

9月20日にオンライン版とNintendo Switch版がリリースされた新ゲーム「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜」がアメリカでバイラル化してますね。

主人公のあなたはどんないたずらにも手を染める極悪ガチョウ。少年を転ばせてメガネを奪ったり、鍵を井戸の底に落としたり、人の家に入りこんで高級な花びんを割ったりと、とにかく暴れまくるのがミッション

米Gizmodoきっての鳥好き、Ryan Mandelbaum記者がさっそくプレイしてみた感想をお届けします。


びびって逃げまどう少年を追いかけまわしたところで、ゲーム終了。もうこれ以上ミッションをクリアする必要を感じませんでした。自分なりに最高のガチョウになれたと思います。

僕はふだんあまりゲームをしないし、このゲームもあまり上手じゃなかったんですが、熱心なバードウォッチャーとしてはガチョウになってプレイする機会を逃す手はないと思いました。ガチョウになれるの最高!

鳥好きな僕にとって、野鳥観察は21世紀特有のストレスから逃れる唯一の手段です。野鳥観察にいくのも、鳥についていろいろ調べるのも、鳥についてほかのバードウォッチャーたちと熱く語り合うのも大好きです。

逆に、ゲームは得意じゃないのでうまくプレイできないのがストレスになり、あまり好きではありません。やろうとも思いません。でもこのゲームだけは違いました。だってガチョウになれるんですよ? もうやってみるしかないと思いましたね。もしかしたらガチョウになるのは上手いかもしれないじゃないですか。

Image: Epic Games via Gizmodo US

そもそもHouse Houseの「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜」はリリースされる前からものすごい注目を浴びていました。それもそのはず、ゲームの主人公はやたらと好戦的なガチョウで、ゲームのミッションは平和な町のいたるところに忍び込んで、住人たちの日常を台無しにすることだから。僕と鳥仲間とのSNSで唯一話題にのぼったゲームかもしれません。

ゲームをプレイする前に、まずは自分がどんなガチョウなのかを調べました。全身白で大型のガチョウはそうたくさんいないので、おおかたハクガンか家禽化されたハイイロガン(ツールズガチョウ)と当てをつけました。さらに、ガチョウの体つきと人間との関係性からみて後者のツールズガチョウであると確定。ゲームでガチョウ以外にあまり自然な要素を取り入れていないのは残念でしたが、池のほとりに生えているガマの穂がいい感じでした。

いよいよゲーム開始。移動したり、くちばしで物をつまみ上げたり、鳴くことを覚えたら、いざ町へ。

正直言うと、ほかのゲームをプレイしたときと同じように下手だったのにはイライラしました。ゲームではいたずらTo Doリストがあるんですが、最初のいくつかは楽勝でした。ガーデニング中のおじさんから鍵を盗んだり、おじさんを水びたしにするまではよかった。ところが、その後おじさんにどうやって麦わら帽子をかぶせられるのかは30分やってみてもわかりませんでした。

あと、Nintendo SwitchではBボタンを押しながら移動すると走れるんですが、うまくコントロールできなくて曲がれなかったりするうちにだんだん疲れてきてしまいました。そのうち、ただぶらぶら散歩してガチョウらしさを楽しむことに。

Image: Epic Games via Gizmodo US

ガチョウらしさという点ではすばらしいゲームでした。あのガチョウ特有のよちよち歩き、しゃがれた鳴き声、羽ばたき方など、すべてきちんとガチョウらしさを表現していると思いました。

ツールズガチョウにはあまり馴染みがないんですが、北アメリカ東部に飛来する野生のカナダガンを知っているかぎり、ガチョウっていうのは縄張り意識が強く、怖いもの知らずなやつらです。カナダガンに近づきすぎたばかりに呻られたりガァガァ怒鳴られたり、ひどい時には襲いかかられたりしたこともあるくらいです。

こういうガチョウの気の荒さが全面に出ているのがこのゲームの一番の見どころだと感じました。ほかの人間たちがガチョウに恐れをなしている姿が実にいい。

でも忘れてはいけないのは、野生であれ家禽であれ、ガチョウにもガチョウの生活があるということ。一雄一雌で家族をつくりますし、人間に常におびやかされて暮らしているし、ガチョウの仲間の多くは渡り鳥。これらはぜひ「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜」の続編でぜひ探求してもらいたいテーマです。

実際ゲームがよかったかどうかはほかの人に聞いてみてください。僕は、ただ今週末だけでもガチョウになれたことがうれしかったんです。

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜 ほしい?

  • 0
  • 0
Epic Games

    あわせて読みたい

    powered by