Jaybirdの完全ワイヤレス「Vista」レビュー:超軽量かつタフ。AirPodsの良きライバル

  • 6,321

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
Jaybirdの完全ワイヤレス「Vista」レビュー:超軽量かつタフ。AirPodsの良きライバル
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

あら、べた褒めでございます。

なんだかんだAirPodが便利なんだよねー。使い始めちゃったからずっとこれなんだよねー。という皆様、どうやらAppleから浮気してもいいような、したくなるようなプロダクトがでてきたようです。Jaybird Vistaワイヤレスイヤホン、米Gizmodo編集部がレビューしました。かーなり褒めてます。


最初に完全ワイヤレスイヤフォンJaybird Vistaを手にした瞬間に思ったことは、信じられないくらい小さい! 軽い!ということ。ケースすらも小さい。最高のポータビリティは、すぐにAirPodsを彷彿とさせました。が、もちろんまったく異なる製品なわけで。最大の違いはやはり圧倒的なタフさ。雨も泥もなんのそのです。機能面で言えば、今までレビューしてきたなかで最高のフィットネス系イヤフォンだと宣言できます。ワイヤレスイヤホンで必ず比較されるAirPodsに、ついに最強のライバルという感じ。

Jaybird Vista

190816jaybirdvista01
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

これは何?:完全ワイヤレスイヤフォン

価格:180ドル(日本価格2万3880円)

いいところ:超軽量、接続良好

残念なところ:コントロールが限定的

タフ、コンパクト、良フィット

まずデザイン。シンプル。とにかくシンプル。

ケースから取り出すと、自動で電源ONになりスマートフォンに接続してくれます。左右それぞれボタンが1つあり、たとえば再生/停止、音声アシスタント起動など簡単なタスクを設定できます。また、左右を片方だけ使うことも可能

AirPodsと差別化する最大の要因=Jaybird Vistaの最大のウリは、やはりそのタフさ。防水、防汗、防塵。AirPodsはこのどれにも弱い。雨の中AirPods装着しててダメにしてしまったという友人は1人や2人じゃありませんから。一方Jaybird VistaはIPX7、水深3フィート(約91センチ)の中で30分耐えられます。汗にも負けません。

レビュー期間の2週間、どこに行くにもJaybird Vistaと一緒。ジムはもちろん雨でも一緒。なんの問題もありませんでした。歩道に落としたこともあったし、砂埃たまるポケットにいれたこともあったけど問題なし。

勘違いして欲しくないのは、防水防塵のタフさだけでいいと言っているわけではないということ。例えばJabra 65t Elite Activeも、防水のレベルは落ちるもののIP56で防水。でも、Jabraのほうはちょっとデカいのが気になる。つまり、タフさとコンパクトさの両面揃ってこそJaybird Vistaの魅力は最大になるということです。

190816jaybirdvista02
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

フィット感の良さも使っていて気に入ったところ。端末半分を覆うシリコン、これが耳にピッタリの心地よいフィット感。片方の重さ6グラムで軽いうえに、ピッタリ収まって落とす心配もなし。軽さで言えば4グラムのAirPodsなのですが、このピッタリ感はないですね。結果、AirPodsでは落としたらどうしようっていう不安が常にあります。

タフさコンパクトさフィット感、このすべてが愛極まって最高の使い心地を実現しています。気にならないから着けているのを忘れるレベル。アクティブなライフスタイルユーザー向けとしているだけあって、これは非常に重要。前述のコントロールボタンがシンプルなことも、運動中の使いやすさアップに一役買っていると感じました。

190816jaybirdvista03
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

音質でいうと、期待しすぎは禁物。もちろん音はいいんですが、AirPodsやJabra Elite 65tと同等レベルの良さ。また、Jabraほどの音量はありません。ただ、スポーツでの使用、ランニングやジムで使うなら十分というか理想のアイテムだとは思います。充電1回で6時間、ケース充電5分でプラス1時間なのもランナーにはうれしい仕様。

Jaybird史上最高の繋がり

Jaybirdにとって、接続で大きな成果を挙げたと感じるのもJaybird Vistaの功績。今までは、Jaybirdは接続の不安定さが気になっていましたが、Jaybird Vistaでは新たなBluetooth技術を採用することで、左右それぞれスマートフォンに独立して接続できるようになり、かなり繋がりがよくなりました。

タイムズスクエアなど人も電波も多い場所では、ちょっと混乱があったものの、それはJaybird Vistaじゃなくても同じ結果かと。また、片方しか接続されないこともまれにあったものの、これは接続されていない方のボタンを押せばすぐ解決されたので、イライラするようなことはありませんでした。

190816jaybirdvista04
Photo: Adam Clark Estes (Gizmodo)

多機能を求めてはダメ

個人的に残念なのは、ボリュームボタンがないこと。これJabra Elite 65tでよく使うだけに、ないと不便を感じます。もちろん、Jaybird Vistaの左右のボタンのどちらかをボリュームタスクにすればいいのですが、1ボタン1機能、つまり2機能までしか設定できないと思うとちょっと物足りない気も。ここは、それぞれユーザーのシンプルさと多機能のバランス感覚しだいかと。

あとは、Sony WF-1000XM3みたいにノイキャンがあればなと贅沢な不満も。さらに内蔵のマイクがイマイチなので、通話が多いユーザーには向かないかもしれません。

少々不満を言ってみたものの、今年レビューしたイヤフォンの中でJaybird Vistasは間違いなくトップクラス。見た目はAirPodsと全く異なるものの、その軽さや小ささはまさにライバル。ライバルを圧倒するタフさがあり、スポーツユーザーにはありがたい一品です。

まとめ

・超軽量

・音質は許容範囲内

・着け心地最高

・THE タフ

Jaybird Vista ほしい?

  • 0
  • 0
Jaybird

    あわせて読みたい

    powered by