Acer Predator Triton 900レビュー:最高のポータブル・バトルステーションの一歩手前って感じ

  • 9,526

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
Acer Predator Triton 900レビュー:最高のポータブル・バトルステーションの一歩手前って感じ
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

思わず衝動買いできるような値段ではないけれど...。

標準のラップトップよりもパワフルだけど、分厚くて重たい...。長いあいだ、大型のゲーミングPCといえばそんなイメージがありました。2年前に販売されたAcer Predator 21 Xですら、約100万円という値段にして例外じゃなかったような。

でも近頃は、Asus Mothershipのような実験的な動きも新たに見えてくるようになりました。まさにそのひとつともいえるのが、Acer Predator Triton 900。今回、製品レビューを担当したのは米GizmdoのSam Rutherfordです。


Acer Predator Triton 900の外部パネルは機械加工されたアルミニウム、約4.5kgという重さにしてボディは岩のように堅いのが特徴的です。なかでも注目すべきは、革新的なフレームに囲まれた4Kタッチスクリーン(17.3インチ)。ほぼ180度回転するので、従来のラップトップのような使い方に加えて、ディスプレイを傾けて前方に引くとゲームモードのようになり、画面を完全に反対側へ向けるとプレゼンテーションモード、さらにタブレットモードのような使い方もできます。

従来のカスタムゲームPCを超えたゲーム体験をしたい場合には、画面を完全に反対側に向けたプレゼンテーションモードにして、デッキなどを画面の後ろに配置。あとは外部キーボードとマウスを接続するだけです。

Triton 900には、USB-Aポート2基、USB-Cポート2基、専用のヘッドフォンとマイクジャック、イーサネット、HDMIとDisplayPort両方のフルサイズコネクタなど多数のポートがあります。

気になる点をいくつか挙げると、PC裏側の真ん中に電源ポートが配置されていて、キーボードとスクリーンのあいだには一定の距離ができてしまっています。それからもし、コンセントに接続せずにゲームをプレイしたい場合には注意が必要です。独自テストでは、Triton 900の稼働時間は1回の充電で2時間5分間。つまりバッテリー電源だけで『Apex Ledgends』を1ラウンドでもやろうとするのはリスキーかもしれません。

Acer Predator Triton 900

AcerPredator2
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

これは何:17インチと巨大なコンバーティブルゲーミングPC

値段:およそ3,800ドル(約40万円)〜。

好きなところ:デザインを調整可能、ポートが多数、優れた性能、ディスプレイの美しさ、なめらかな画像処理

好きじゃないところ:キーボードもタッチパッドも窮屈、バッテリー寿命が短い、重たい、高い

AcerPredator3
強力なモバイルゲーミングのオールインワンになるので、個人的にこの状態を戦艦モードと呼んでます。
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

ヒンジフレームには、ディスプレイが完全に180度回転するのを防ぐ2つの小さなタブが付いています。このため横に寝かせると若干の傾きがあって、Microsoft Surfaceのイーゼルモードに近い気がします。

Intel Core i7-9750H CPU、32GB RAM、1TB SSD、Nvidia RTX 2080 GPUでおよそ3,800ドル〜。どうでしょう? Core i9プロセッサやそれと同等のものを選べば、5,000ドルになります。(ひぇー。)とはいえ、Triton 900の最大の壁は値段の話じゃないんです。

AcerPredator4
致命的な問題ではないにしても、電源コードが邪魔に感じてしまう...
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

Triton 900を買うということはずばり、ライフスタイルです。

この大きくてパワフルなラップトップをあちらこちらへ持ち運ぶなら、ジムに通って鍛えないと毎日、筋肉痛になることでしょう。本体は約4.5kgでも、バッテリー一式を足すと6kg近くなります。MSI GT75のように2つ必要にならないのがせめてもの救いですが...。

それに、新しいバッグを新調する必要があります。日常使いのメッセンジャーバッグじゃ収まらないからです。Triton 900の寸法に合ったサイズで、ヘッドフォン、マウス、キーボードなどのギアも入るバッグを見つけなければなりません。

AcerPredator5
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US
AcerPredator6
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US
AcerPredator7
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US
AcerPredator8
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

マウスといえば、ラップトップの内蔵タッチパッドで気軽にプレイしたい方々が知っておくべきことがあります。

Triton 900では、タッチパッドがキーボードの右側に配置されているので、ちょっといつもと勝手が違う感じがあるんです。タッチパッドはかなり細めで、左クリック、右クリック用のボタンは個々にありますが、いずれも窮屈感が否めません。

でも個人的に好きなのは、Acerにはタッチパッドを数字パッドに変換するタッチボタンが含まれていて、クイックダブルタップと仮想テンキーがすぐに表示されること。Triton 900のキーボードは配置が少し混沌としているので、おそらくタッチパッドは(小さいですが)これはわりと便利だといえます。

キーボードに関しては、全体的なスペースを確保するためだと思いますが、右Shiftキーが小さく、ほかのキーの配置がずれ込んでいる印象です。もしかすると時間が経てば慣れるのかもしれませんが、Discordで右 Shiftキーをプッシュトークキーとして使っている人(私)は、慣れるまでの葛藤がありそうです。

AcerPredator9
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

ウルトラグラフィック設定でネイティブの4K解像度(3841 x 2160)の場合、『Far Cry 5』でTriton 900の平均は55 fpsでした。また、Triton 900にはG-SYNCディスプレイがあるため60 fps未満に落ちてもゲームは滑らかなままに見えます。どちらもTritonのオーバークロック設定がFastestではなくFastの場合ですよ。

4Kの『シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー』で最高のグラフィック設定にすると、Tritonは平均44 fpsとまぁまぁ。このゲームで利用可能なレイトレーシングなどのグラフィック効果をすべて考慮すると、かなり安定しているほうだといえます。ただし、Triton 900の画面はリフレッシュレートが60Hzに制限されているため、それより高いフレームレートのサポートは得られません。カラフルな4Kスクリーンで最高設定のゲーム画面がどのように見えるか体験したい場合には、Triton 900がおすすめです。

AcerPredator10
画像のドングルはPC付属のプレイスホルダー。Xbox Oneワイヤレスアダプターが手元になく、PS4ドングルはフィットせず。
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

マウスやキーボードよりもコントローラーでプレイしたい人に便利なのが、左側にあるXbox One USBドングル用の折りたたみ式のUSBポート。残念ながらPS4コントローラーは、ワイヤレスアダプターが長すぎてポートに収まりませんでした。

総じて、Acer Predator Triton 900はこれまでのゲーム用PCの限界を超えようとつくられたことがうかがえます。トップクラスのスペックを備えつつ、よりPCでゲームプレイをしやすくさせる1台です。ただ、衝動買いできるほど身近な値段ではないのがひとつの大きなハードルでもあります。

まずは、タッチパッドやキーボードに慣れることに時間を費やすことになります。それからゲームパッド、重たいバッテリー、その他周辺機器などの追加アクセサリを持ち歩くのにもエネルギーを費やす必要があるでしょう。あとこれだけの価格を出すなら、120Hzのリフレッシュレートの画面オプションも欲しかったなぁ、なんて。

それでも、Triton 900は精巧に作られたプレミアムなマシンであることは間違いありません。AcerのゲーミングPCラインナップのフラッグシップとしての地位を得た1台です。

AcerPredator11
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

メモ

・Triton 900の性能は抜群。価格は3,800ドル〜。

・Acerのヒンジと回転ディスプレイによってTriton 900は巨大なゲーミングマシンに早変わり可。

・多数のポートやワイヤレスXbox Oneコントローラーアダプターの接続場所のほか、Killer Networkや2.5Gbpsイーサネットなどの重要な機能を装備。

・バッテリー寿命は期待しないほうが良い。

・標準装備の4Kタッチスクリーン。 120Hzディスプレイ版はなし。

Acer Predator Triton 900 ほしい?

  • 0
  • 0
Acer

    あわせて読みたい

    powered by