グレード5チタンで扇子を作ったらこうなる。独特の存在感を放つ「TTi-718/918」が締め切り間近!

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author Junya Masuda
グレード5チタンで扇子を作ったらこうなる。独特の存在感を放つ「TTi-718/918」が締め切り間近!
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

夏真っ盛りで暑さも続きますが暦の上では立秋を過ぎ、もう秋だとか…。信じられないですよね。

まだまだ暑さ対策は必要ですので、粋(いき)なクーリングアイテムご紹介したいと思います。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「TTi-718/918」は、チタンを惜しげもなく使ったプレミアムな扇子。伝統的な扇子に高級かつ異質な素材を採用することで独特の雰囲気を醸し出しています。

終了が近づいているので特徴をおさらいしておきましょう。

チタン愛から生まれた製品

2-2
Image: machi-ya

「TTi-718/918」は チタン製品を多く手がける香港のTi Maze(タイメイズ)社のプロダクト。この扇子を作ろうと思ったきっかけはチタン素材を愛して止まないデザイナーの存在だとか。

3-2
Image: machi-ya

チタンは腐食にも強い高耐久性と軽量なことに加え、他金属と比べ人体に害が少なくアレルギー反応も起きにくい特徴があります。工業製品だけでなく、医療器具やカトラリーにも多く利用されていますよね。

豪快な918と繊細な718

4
Image: machi-ya

「TTi-918/718」の違いはそのサイズ感。番号から連想されるそのままに、小型が718大きい方が918となっています。

5
Image: machi-ya

718のサイズ感は日本でも多くの方が馴染みある普通の扇子とほぼ同じ大きさ

918は718より一回り大きく、古代中国で護身用武器としても使われた中国扇子ほどの大きいサイズ感となっています。

惜しみなくチタンを採用

6-2
Image: machi-ya

扇子の骨組み部分だけではなく、扇子において重要なパーツの要(かなめ)部分もチタン製。強度とスムーズな開閉のため、小さな部品までこだわっているようです。

7-2
Image: machi-ya

「TTi-718/918」はそれぞれ5色展開となり、そのうち黒や金色はただの塗装ではなく高級時計にも使用されるPVDコーティングという新しい表面処理が施されているとのこと。この処理で美しく色が定着し、金属アレルギーもより低減されるのだとか。

加工技術までプレミアムなものを採用しており、愛情を込められた製品に仕上がっているようですね。

シルク扇面のオプションも

8
Image: machi-ya

通常モデルには扇面に蘇州産の高級紙を採用していますが、オプションでブラックシルクに変更することも可能。

絹から生み出される優しい風、という文字だけでも優雅に感じますね。まさに一生物のプレミアム感を追求できそう。


デザイナーのチタン愛から生まれた扇子「TTi-718/918」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆現在、小さい「TTi-718」は26,800円(送料込)から、大きい「TTi-918」は31,800円(送料込)からオーダー可能となっています。

すべてのコースで限定数があり、受付終了まであと7日となっているので気になる方は早めにチェックしてみてください。

>>チタン製のプレミアムな扇子「TTi-718/918」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by