エアコンの室外機がCO2を回収する未来がくるかも

  • 9,314

  • author Yessenia Funes - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
エアコンの室外機がCO2を回収する未来がくるかも
Image: Jekaterina Nikitina / DigitalVision / ゲッティイメージズ

エアコンの罪悪感を削減。

エアコンはかなりの電力を消費していて、それによって大量の温室効果ガスが排出されます。ですが、あるコンセプトが実現すれば温室効果ガスを排出せずに済むようになるかもしれません。

先日、ドイツのInstitute for Micro Process Engineeringの研究者チームは、エアコンの室外機が大気中の二酸化炭素を取り込むようになることで、エアコンが気候変動悪化の要因とならずにすむというコンセプトを描いた論文をNature誌に発表しました。

エアコンは温風を吸い込み、冷媒が熱を吸収して、冷たい空気として放出します。この論文のコンセプトでもこの仕組みは変わりませんが、大気中の熱とともに二酸化炭素を取り込むようになるとのこと。研究チームの提案しているのは、大気中の二酸化炭素と水を回収する特殊なフィルターを用いることです。これによって回収したものを炭化水素燃料へと変換し、そしてその燃料をエアコンの持ち主の自宅やオフィスで使用、さらには販売も可能だと言います。

このアイデアは、エアコンが回収する二酸化炭素で動く自律的なエネルギー供給網だと言えます。地球の温暖化を進めて人類を崖っぷちへと追い込んでいる要因が二酸化炭素であることを踏まえると、かなり良さげなアイデアです。Fast Companyいわく、論文の著者たちはドイツ・フランクフルトに建つようなオフィスビルなら、この技術で回収した二酸化炭素から年に60万ガロン以上の燃料を生産できると推測しているとか。

二酸化炭素回収技術はまだ新しい技術であって、高めていく手段については多くの競合するアイデアが出ています。大きな課題の1つはこの技術が電力に依存しているという点で、現代社会では好ましくないものです。人間が大気に放出する以上の二酸化炭素を回収するために研究者らが提案したのは、二酸化炭素回収プラントの動力を再生可能エネルギーにすることでした。WIREDの報道によると、この論文の仮説に基づいたエアコン室外機が生産する燃料も燃やされる際には温室効果ガスを排出するので、プラマイゼロにするには再生可能エネルギーで稼働する必要があるとのこと。

温暖化が進んだ未来ではさらに多くのエアコンが必要になりますが、それらが気候変動のさらなる悪化を招く要因にならないのであればありがたいもの。しかしながら、これはすべて仮説にすぎません。二酸化炭素回収技術は良いとしても、このアイデアは根本的な原因、私たちのエネルギー消費に対処するものではないのです。おびただしい量の二酸化炭素や他の温室効果ガスの排出をやめない限り、どんなテクノロジーとて人類を救えはしないのかもしれません。

Source: Nature, Fast Company, Wired

    あわせて読みたい

    powered by