「ココナッツウォーターを飲むくらいなら尿を飲む」→「じゃあ尿届けるね」と公式アカウント

  • 19,241

「ココナッツウォーターを飲むくらいなら尿を飲む」→「じゃあ尿届けるね」と公式アカウント
Screenshot: Twitter

公式アカだからって反撃しないと思うなよ!

ソーシャルメディアを使った企業のマーケティングは様々な進化を遂げてきました。ブランドの魅力をターゲットの消費者に伝えるだけでなく、ウィットに富んだ投稿で話題を集めることで、ブランドの認知度が高まる。そんな現象は日本でも広く見られます。

アメリカのソーシャルメディア・マーケティングで近年見られるようになったのが、一般ユーザー(時に有名人の)によるブランドの悪口やからかいを逆手にとって、人々を笑わせるというもの。そしてついにその究極とも言えそうなケースが登場しました。飲料水ブランドの公式Twitterが、一般人に人間の尿を郵送しましょうか、とオファーしたのです。

誹謗中傷に公式アカウントが反撃

好き嫌いが分かれるココナッツウォーターですが、ココナッツウォーターのメーカーであるVita CocoはTwitter上でたくさんの誹謗中傷を受け取っていたようです。アンチによるコメントの中にはVita Cocoのココナッツウォーターは「唾」「オナラ」「精子」の味がする、という具合です。これらのツイートは数ヶ月前のものだったのですが、先日Vita Cocoは復讐開始!とでも言わんばかりにこういった誹謗中傷ツイートに返信をし始めました。

たとえば昨年11月に投稿された「面白い事実:ココナッツウォーターはクロスフィットやる人の精子でできてる」というツイートに対して、「間違いなく…それの味はしないことは約束します。でもすごく具体的なコメント感謝します!」と返信をしています。

リアル尿のご登場

Vita Cocoによるこの反撃ラッシュのクライマックスが、ブロガーのTony Posnanskiさんとのやり取りでした。Tonyさんは「ココナッツウォーターを飲むくらいなら、(Vita Cocoの)ソーシャルメディア担当者の尿を飲んだほうがまし」と投稿。それに対してVita Cocoの公式アカウントはなんと、ソーシャルメディア担当者がトイレの中でガラスの瓶を抱えた画像を「住所はどこ?」というコメントを添えて返信したのです。

米GizmodoがDMで質問したところ、写真で瓶の中に入っているのは本物の尿だとのことです。

公式アカウント奇妙化の時代

今月初頭、米GizmodoのHudson Hongo氏は、企業のソーシャルメディア公式アカウントが、かなり大胆に図太く、人々の注意をひこうとするようになっていて、それに反応すればするほど企業はもっと大胆な言動を見せるようになるだろう、と警告しました。そしてかなり愉快な事態になるだろうと。

企業の公式アカウントによるこういった大胆なマーケティングが功を奏するのかどうか、判断は皆さんにおまかせしますが、金曜昼の段階ではVita Cocoの尿ツイートは2万7800のlikeを獲得しています。

いまでこそ、かなり奇妙な企業公式アカウントによるツイートとして認識されていますが、今後それほど珍しくなくなるでしょう。それが未来の社会です。空飛ぶ車はまだ実現していませんが、少なくともソーシャルメディア経由で無料で尿は送られてくる時代になったというわけです。

あわせて読みたい

powered by