Twitter、「会話がわかりやすくなるラベル」をテスト中

  • author 塚本直樹
Twitter、「会話がわかりやすくなるラベル」をテスト中
Image: Twitter

これは助かる!

Twitter(ツイッター)を使いこなしていない自信がある私。会話ツリーの中で誰が発言主なのか、誰がメンションした人なのか、さっぱりわかなくなります。そうした現象をなんとかすべく、Twitterは会話をわかりやすくするラベルをテストしているのです。

Twitterがテストしているのは、「author(発言主)」「mentioned(メンションされた人)」「following(フォローしている人)」のラベル。アカウントアイコンの右側にこれらのラベルが表示されることで、会話している人たちの関係がスッキリとわかりやすくなるのです。

Twitterは現在このテストを一部にて実施しているとしていますが、私の環境ではラベルは表示されませんでした。また、実際にこの機能が正式に採用されるのかどうかもわかっていません。

先月にはTwitterにて「会話の購読」がテストされているのが見つかるなど、ますますわかりやすいSNSになるべく開発を進めているTwitter。特にTwitterが人気の日本では、かなり注目度の高いテストになりそうです。

Source: Twitter

    あわせて読みたい

    powered by