ゼムクリップの「外れやすい」を解消した革新的プロダクト「Ripple CLIP」

  • 7,746

  • author 三浦一紀
ゼムクリップの「外れやすい」を解消した革新的プロダクト「Ripple CLIP」
Image: DISCOVER

130年ぶりのイノベーション。

書類などをまとめておくときに使用するゼムクリップ。使ったことのない人はまずいないんじゃないでしょうか。僕も使ってます。

しかし、ゼムクリップっていつの間にか外れていること多くないですか? ゼムクリップでまとめた書類をバッグに入れて移動して、いざ取り出すとゼムクリップがどっか行っちゃってる、なんてこと、よくあります。

そう、ゼムクリップって外れやすいんですよ。でも、ダブルクリップとか使うとゴツくなるし。ホッチキスは書類をバラバラにするときに不便だし……。

そんな不満を解消した、新しいゼムクリップが「Ripple CLIP(リップルクリップ)」です。僕たちがよく知っているゼムクリップは1890年頃発明され、ほぼ形を変えずにこれまで使われてきたのですが、それを約130年ぶりにリニューアルしたのが本製品です。

「Ripple」というのは「波紋」のこと。書類の角を折り曲げて二重にクリップする形状となっているため、本体が波紋のような形状になっているんですね。

190417RippleCLIP-02
Image: DISCOVER via YOUTUBE

通常のゼムクリップよりホールドする部分がひとつ多くなっているのが特徴。これにより、書類の角を折った状態でしっかりホールドできるようになっています。

190417RippleCLIP-03
Image: DISCOVER

しおりの代わりや、コーヒーシュガーなどの封としても使えますよ。

すでにシルバーは発売されていましたが、今回メタリックブルーメタリックシルバーがラインアップに追加されました。価格は5個入りで1,080円(税込)となっています。

130年振りのゼムクリップのイノベーション、確かめてみませんか?

Source: DISCOVER via PR TIMES

あわせて読みたい

powered by