Nintendo Labo VRを頭に取りつけられるストラップがサードパーティから

  • 6,957

  • author ヤマダユウス型
Nintendo Labo VRを頭に取りつけられるストラップがサードパーティから

早速出てきましたな。

ちょうど『ゼルダの伝説 BotW』と『スーパーマリオ オデッセイ』にVRモードが追加されたタイミングで、米ギズモードがタイムリーなネタを報じてます。ニンテンドーラボの「VRゴーグルToy-Con」を頭に取り付けられるストラップが登場したとのこと。

TOP画像のストラップ「Comfort Headset for Labo VR」は、ニューヨークを拠点とするメーカーSweat Proof Gamingが作った、VRゴーグルToy-Conをハンズフリーで使うためのアクセサリー。お値段は14ドル(約1,560円)。ゴーグルを改造するリスクを思えば安いのか、なんとも微妙なラインだなぁ。

Sweat Proof Gamingによると、ストラップは簡単に取り外しが可能で、Joy-Conをゴーグルに取り付けた状態でも機能するとのこと。Nintendo LifeにはJoy-Con込みでストラップを付けた画像がありますが、そもそもストラップでハンズフリーになるならJoy-Conは手で持っても良いんですよね。

現状、Joy-Conを通常プレイのように使うSwitchのVRゲームはそう多くありません。というのも、「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」で遊べるゲームのほとんどは、Joy-ConをToy-Conにセットするから。ストラップはVR Kitの「ゾウ」や「トリ」などのToy-Conにも対応しているので、腕の負担軽減にはなるかと。

あとは、『ゼルダの伝説 BotW』や『スーパーマリオ オデッセイ』のVRモードを本気でプレイしたいなら、こうしたハンズフリーストラップは必須レベルでしょうね。自作したら数百円で済む可能性もありますが、そこは自身のDEXと相談で。

Source: Gizmodo, Nintendo Life

    あわせて読みたい

    powered by