マイクロソフト社内で女性のセクハラ・差別の報告が相次ぐメールが流出

  • 5,652

  • author Melanie Ehrenkranz - GIzmodo US
  • [原文]
  • mayumine
マイクロソフト社内で女性のセクハラ・差別の報告が相次ぐメールが流出
Image: Sundry Photography / Shutterstock.com


とある女性のメールがきっかけで大炎上、CEOも巻き込む事態に。是正を求む。

Microsoft(マイクロソフト)のとある女性社員が自身の受けたセクシャルハラスメントや差別行為について共有したメールが、Microsoft社内で広まっており波紋を呼んでいます

米メディアのQuartzが入手した内容によると、このメールの発端は3月20日、6年間昇進していない女性社員が他の女性社員に組織内での昇進方法について、アドバイスを求めたことに始まりました。その後、何十人もの女性が、社内で起きたセクシャルハラスメントや差別について、溜まっていたフラストレーションが爆発するかのごとく、このメールを元にスレッドを作る形で報告がスタート。

他のMicrosoftの女性社員は出張中に、パートナー企業の社員から「性行為をしなかったら、殺害する」と脅迫を受けたという報告もありました。

彼女はすぐに人事とマネージメントに報告しましたが、彼女の男性上司は「彼はいちゃいちゃしようとしたかっただけだろうし、そして(彼女は)それを自分で対処すべき」という見解だったそうです。また人事からも、基本的に証拠はなく、この男性はMicrosoftではなくパートナー企業で働いているため、人事でできることは何もないというスタンスだったとのこと。

また別の社員によると、Microsoft社内では女性社員が「ビッチ」と呼ばれることがよくあるという供述もありました。とある社員がXbox Coreチームにいたときに、女性とのラウンドテーブルで「1人を除くすべての女性がビッチと呼ばれていた」とのこと。「Xboxチームの問題ではなく、過去にもWIndowsやAzureなど、他のエンジニアリング組織でも同様の経験がありました。これはMicrosoft共通の問題です」と報告しています。

他にも、パートナー企業の女性社員によると「会議中に男性の膝に座れと2回も求められた」という話や、他にも技術的に貢献をしているにも関わらず、会議室の予約、議事録のの作成、会食の予約などの仕事しか与えられていないという女性の話も共有されました。

Microsoftの社員は「このメールがきっかけで、かさぶたが剥がされて化膿しているようです。みんな怒りと不満を感じているのは明白です。かなりの人数がこのメールのスレッドを見ています」と語っています。

Microsoftの人事担当責任者であるキャサリン・ホーガン氏は、3月29日、同社のシニアリーダーシップチームに問題を提起し、「見過ごされていたこれらの問題について、人事部で調査を行なう」とこのメールスレッドの中で返信をしたそうです。メールの内容は以下の通りです。

私はこのスレッドについて、"シニアリーダーシップチーム"と今日議論を行ないました。 報告されたこれらの事象について聞き、ショックを受けるととも悲しく感じています。マイクロソフトの中で誰かがこのような行為に直面していることを知ることは、とても辛いことでした。経営陣や人事部からないがしろにされたと感じた人を含め、そのようなひどい経験をした人は、直接私にメールをしてください。人事チームと一緒に個人的に状況を調査したいと思います。

MicrosoftのCEOサトヤ・ナディラ氏、および最高法務責任者のブラッド・スミスも、Eメールチェーンの受信者リストに含まれていたようです。

    あわせて読みたい

    powered by