見てもいない映画に詳しくなる方法

  • 5,814

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
見てもいない映画に詳しくなる方法
Image: Gizmodo US

映画を見ずに映画を語る。

映画館へ行くのも、テレビやネットで映画を見るのも面倒臭い、でもみんなの話についていきたい...。いや、ついていくどころか、見てもいない映画について専門家のように語って友達をあっと言わせたいと企んでいるみなさん(い、いますかね?)、こちらの方法で詳しくなっちゃってください。


Wikipediaで内容確認

映画のネタバレやストーリーの内容を知りたければ、まずWikipedia。もしホラー映画を見たいけど、怖いから先に内容だけ読んでおきたい時にも役に立ちます。また、ドラマのシリーズを見ていて、途中で見逃してしまったり、見るのをやめてしまった場合もWikipediaでストーリーを読めば追いつけます。ストーリーのみならず、監督、俳優など詳しいこともたくさん書いてあるので、知識の詰め込みにはもってこいです。


「前回のあらすじ」を見る

これに関してはテレビドラマだけで使える技です。その回をフルで見なくても「前回までのあらすじ」を見ちゃえばだいたい把握できます。ネットでも「前回のあらすじ」などで検索をかければ、書いている人やサイトはたくさんあります。全部通しで見る気はないけど、ストーリーに追いついておきたい場合も使える技です。前回を見逃してしまったけれど、もう今週の回の放送が始まっちゃうよ〜と言う場合にも、さっと読んで追いつくことができますね。


YouTubeでいいシーンを集めたものを見る

時間がない、せっかち、映画の間じっと座っているのが嫌だ、そんなあなたにはYouTubeで編集済みのハイライトを見る手をオススメします。公式、非公式と検索で色々出てきますので、いくつか見ていればだいたい映画の始まりからエンディングまでわかってしまいます。


映画データベースIMDbで点と点をつなぎ合わせる

海外大手映画データベースIMDb(インターネット・ムービー・データベース)は古くからあるサイトで、映画やドラマの情報がとてもよくまとまったリソース源です。その映画・ドラマの監督が他にどんな作品を作っているか、脚本家や俳優、照明技師の情報、名セリフまで載っているので、映画を見ることなくトリビア的な情報を詰め込めます。


ファンが書いたデイープな情報を読み漁る

見てもいない作品に詳しくなるには、その作品のファンがしたためた裏話や「仮説」などを掲示板で読むのも良しです。ディープに掘り下げていけます。アメリカ最大級のソーシャルニュースサイト・掲示板「Reddit」では、いろいろなジャンルのスレッドが立ち上がっていて、みなさん盛んにお話されています。あらすじだけでなく、その作品の深い話などは、そこをチェックするのもいいでしょう(日本でも同じような掲示板、ありますよね)。

tumblrやTwitterもいい情報源です。Twitterの場合は、より多くのフォロワーをもつ作品のファンを見つけ、その人の投稿やリプライを追うといいでしょう。

掲示板は作品ごとにスレッドが立っているので、その作品のみのディープな話がのぞけます。仮説の話も多々繰り広げられているので、参加してみるのも面白いかもしれないですね。


公式サイトを見る

映画の公式サイトを見る人って、かなりのファンだけだと思われがちですが、情報の宝庫なんですよ。例えばスターウォーズの公式サイトなんかを見てみると、すべでのエピソードを見たような気になっちゃいます。

映画やテレビ番組を見てもいないのに、それらしく語りたい場合に一番いいのが、「あのシーンの裏側」的な映像。ここを押さえるとコアなファンの振りができちゃいます。あとはカットされたシーンやシーンの裏側をTwitterなどのSNSで検索するのもかなりの知識になると思いますよ。


っていうか、これに時間費やすなら映画、見ちゃおうよ...(笑)。

    あわせて読みたい

    powered by