ビーフ0パーセント。バーガーキングが肉フリー・バーガーを販売

  • 5,437

  • author 岡本玄介
ビーフ0パーセント。バーガーキングが肉フリー・バーガーを販売
Image: Burger King via GRUB STREET

その名は「インポッシブル・ワッパー」

「ワッパー」と名付けられたハンバーガーが主力商品の、大手ハンバーガーチェーン・バーガーキング。彼らは植物由来の人工肉や、乳製品を製造・開発をする食品テクノロジー企業インポッシブル・フーズと手を組み、牛肉を使わないハンバーガーを開発した、とGRUB STREETが伝えています。

時期的にエイプリルフールとカブりますが、The New York Timesなど各メディアでも紹介されており、ジョークではないことも強調されています。

Video: BURGER KING/YouTube

出演者たちが本当に素人なのか、それともサクラなのか、ハッキリしない感じの動画ですが...とりあえず人々は自分が食べたものは牛肉だと疑わず、植物性の人工肉だったという事実に「そんなの嘘だ!」と否定するほど。

この「インポッシブル・ワッパー」は、まずセントルイスでデビューを果たし、以降59の店舗で注文できるようになるとのこと。それらでも販売が成功したら、晴れて全国区で食べられるようになります。

動画で説明しているように、このワッパーのパテ3.5オンス(約99g)に含まれるコレステロールは0mg、脂質は12g、タンパク質は17g。ビーフ0%ですが、味はシッカリ100%ワッパーしているとあります。

牛肉の代替肉は珍しくありませんが、大手チェーン店が積極的に採用するというのが新しいですよね。いずれ日本でも食べられるでしょうか?

Source: YouTube, The New York Times via GRUB STREET

    あわせて読みたい

    powered by