ドコモがMagic Leapと提携ってマジか!日本でもMRコンテンツが普及しちゃうのでは

  • 5,230

  • author 塚本直樹
ドコモがMagic Leapと提携ってマジか!日本でもMRコンテンツが普及しちゃうのでは
Image: Magic Leap

キーワードは「5G」。

現実と仮想空間が融合する「MR(複合現実)」をおしすすめる、MRヘッドセットメーカーのMagic Leap社。なんとこのMagic LeapとNTTドコモによる提携が、本日2019年4月26日に発表されました!

ドコモは最先端の空間コンピューティング技術を有するMagic Leap社との提携を通じ、5Gの持つ高速・大容量・低遅延といった特長や、dアカウント®をはじめとしたドコモのアセットとの連携を行うことで、日本国内における空間コンピューティングを利用したMRサービスの創出と市場の拡大をめざします。

ドコモの資料によれば、両社の提携は次世代「5G時代」を見据えたものなんだそう。MRは空間コンピューティングによる現実と仮想世界のインタラクティブ、かつリアルタイムな融合が特徴ですが、それを実現するには大容量のデータ通信が必要になります。そのために、次世代の5G通信サービスが必要になると予測されているんです。

なお具体的には、ドコモとMagic LeapはMRコンテンツ配信プラットフォームにおけるdアカウント連携を推進します。さらに、日本でのMRコンテンツの開発や普及、そしてMagic Leapの空間コンピューティングデバイスのドコモによる販売が予定されているとのこと。むむ、MRヘッドセット「Magic Leap One」をドコモが販売する、という展開もあるんでしょうか?

MRはエンターテイメントから産業向けまで、幅広い応用が期待される技術。ドコモとMagic Leapの提携で今年は日本でもMRブームが巻き起こるのか、注目したいですね!

Source: NTTドコモ

    あわせて読みたい

    powered by