力を合わせてえいえいおー! ボストン・ダイナミクスのSpot Miniが10台でトラックを牽引

  • 5,581

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
力を合わせてえいえいおー! ボストン・ダイナミクスのSpot Miniが10台でトラックを牽引
Image: BostonDynamics/YouTube

ホースパワー(馬力)ではなくスポットパワー

いつもならスーパー・サイボーグ兵士がバク宙を披露して、世界を脅かすような動画を作るBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)ですが、今回はヒップホップなダンスが得意なロボット犬「Spot Mini」を使って、ちょっと楽しい実験を行ないました。

Video: BostonDynamics/YouTube

なんだか機織り工場にでも来たかのような足音が響きますね。無機的な軍隊行進みたいで、ある意味コワい気もします。

もしかしたら、これは先月行なわれたイディタロッド・トレイル犬ぞりレースからアイディアを得たのかもしれませんが、10台(匹?)の「SpotMini」が、ソリの代わりに傾斜1度の駐車場でトラックを牽引しています。

バク宙もできるATLAS君は、忍者のようにパルクールもできるとあって、いつか人類を殲滅しそうな恐ろしさを感じましたが、ロボット犬なら親しみ持てるなぁなんて思ったり。でもでも「SpotMini」はホッケースティックで邪魔する人間を物ともせず、研究所から脱出を試みたりと、不屈の闘志を持っていたりするんですけどね。

ロボットが力を合わせるための実験

今回の牽引デモンストレーションは、何か大きなことを成し遂げるために、ロボットたちが協力できるか?を見せてくれるものでもあります。そういうデモは一般的に、もっと小さなロボットたちがワチャワチャと集まって力を合わせたりするものなのですが……ロボット犬たちはビシっと整列し、秩序を持って牽引していましたね。

何十万、もしくは数百万円もするであろう「SpotMini」は、現在大量生産の段階に入っているそうです。となればまずは軍隊に導入されるでしょうし、彼らが泥の中にハマったトラックを引っ張る姿が目に浮かびます。負傷兵を引っ張るなら2~3台くらいで間に合うでしょうし、頭にガトリング砲でも搭載すれば、恐ろしい兵器となることでしょう。

まぁ、そんなことにはならないでほしいですけどね。

Source: YouTube

    あわせて読みたい

    powered by