温もりのある写真が撮れそう。自分で作る木製ピンホールカメラ

  • author 三浦一紀
温もりのある写真が撮れそう。自分で作る木製ピンホールカメラ
Image: Makuake

アナログ感満載。

ピンホールカメラ、ご存じですか? カメラの中でも最も原始的な仕組みで、光を小さな穴(ピンホール)に通すことで撮影をするというもの。レンズがなくても、写真は撮れるんですよ〜。

もちろんピントや絞りなんてありません。露出はシャッタースピードで決定。数秒から数十秒シャッターを開けておく必要があるので、手持ち撮影は無理。三脚を使ったり、どこかに置いたりして撮影するのが基本です。

子どもの工作でもできるピンホールカメラですが、それをもっとかっこよくしたのが、Makuakeで資金調達を行なっている「WOODSUM」です。

190224WOODSUM-02
Image: Makuake


190224WOODSUM-03
Image: Makuake

この製品は、木製のピンホールカメラ。しかも自分で組み立てます。ものすごくレトロな雰囲気がいいですね。

190224WOODSUM-04
Image: Makuake

もちろん、35mmフィルムを使用。とことんアナログなカメラです。

脱着可能なビューファインダーが付いていたり、三脚用の穴があったり、カメラストラップが付けられるなど、実用面での機能も充実しています。

190224WOODSUM-05
Image: Makuake

カラーはレッド、ベージュ、ブラウンの3色から選べます。うーん、どれも結構渋いくていいなー。

現在5,742円からの支援コースが用意されています。フィルムは自分で用意してくださいね。

使っていると愛着が湧きそうなカメラ。プレゼントにもよさそうです。

Source: Makuake