くしゃみのしかた、(たぶん)間違ってるよ

  • 7,760

  • author Ed Cara - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
くしゃみのしかた、(たぶん)間違ってるよ
Image: txking/Shutterstock

一番いい咳・くしゃみのしかたは?

今年すでに一回は風邪を引いた、またはインフルにかかってしまったという人も多いんではないでしょうか。感染症はうつすのも、うつされるのも嫌ですよね。だからしっかりと手を洗って、咳やくしゃみをするときは手でカバーしたり、いや…ちょっと待って。手で口ふさぐの、間違ってるかも?

「腕カバー」をしよう

保健機関は何年も「ティッシュがないときは、手ではなく腕を使ってくだい」と喚起してきました。アメリカではあの有名な『セサミストリート』でも腕を使ったくしゃみのしかたレッスン回があるほど

腕で咳・くしゃみをカバーした方がいい、というロジックはとってもシンプルです。手に咳・くしゃみをすると、手にバイキンを吹き付けますよね。そのバイキンがついた手や指で触ったものにもバイキンが付き、同じ場所に触れた人々にもうつって行くというのが伝染の構造。その点、腕にくしゃみをすると手にバイキンがつきませんし、手より広くカバーできるので空気中にバイキンを飛び散らす確率も少し減るんです。

とは言うものの、どうしても手を使っちゃうことが多いんですけどね。

理想は「完全バリア」……だけど…

他の人に風邪やインフルをうつさない方法の研究ってたくさんされているのですが、咳やくしゃみをふさぐ方法っていうのはあまり研究されていないのが事実。

調べてみると2013年にカナダのアルバータ大学での研究が見つかりました。健康的なボランティアさんを集めて、様々な状況下(マスクをする、腕を使う、手を使う、ティッシュを使う)で咳をしてもらうという実験です。ボランティアさんが咳をし、研究者の人がレーザーを使って口から飛び散るしぶきを計測します。

そしてたどり着いた結果は、研究チームにとってかなり残念なものだったようです。腕、マスクを含む全ての方法で漏れ出る小さな噴霧の粒子が空気中に放出されて、他人に感染させてしまう可能性があるとわかったのです。研究チームはお医者さんや保険機関が奨める「腕でカバー」は「科学的根拠や証拠なしで受け入れてしまっている」と問題提起もしています。

だからと言って腕カバーの咳やくしゃみをやめた方がいいというわけではないと本研究著者のJonathan Chiangさんは語っています。「明らかに一番確実な方法は完全なバリアを作ることです。でも完全なバリアだと息ができないですからね。なので、腕に咳・くしゃみをすることは完全なバリアに一番近い方法かもしれません。この研究を通してひとつ我々が信じていることは、腕に咳・くしゃみをすると粒子はバリアをすり抜けるために蓄積するので大きな粒子を作ってしまいます。そうすると粒子が空気中に出て行きにくくなり、他の人がその粒子を吸い込むのも難しくなります」と教えてくれました。

うつっちゃったら家にいよう

もちろん腕カバーは完璧な方法ではないでしょうけど、手カバーよりは確実にマシです。地下鉄のつり革、ポール、スマホ、ドアノブ…私たちは色々ところに日々触れていて、その触れる手にはバイキンがついているんですから。インフルや風邪の菌は環境表面にも一定期間生存できるので、触ることでうつっていってしまうんですね。

「手洗い、腕にした場合は腕を洗うというのは自分にとっても周りの人にとっても効果的です。でもそれで安心してしまうということはないようにしてもらいたい」とChiangさんは話してます。腕で咳・くしゃみをしているからといって、風邪やインフルを他の人にうつさないというわけではないということ。風邪引いたら家にいましょう。インフルで外出はもってのほかですよ!

    あわせて読みたい

    powered by