木製グリップが超カッコいい。一眼レフ「PENTAX KP」特別仕様がCP+で参考展示

  • 8,489

  • author ヤマダユウス型
木製グリップが超カッコいい。一眼レフ「PENTAX KP」特別仕様がCP+で参考展示
Image: RICOH IMAGING

6×7の木製グリップも展示してくれていいのよ。

オリンパスと同じく、2019年はPENTAXも前身である旭光学工業時代から100周年を迎えます。100周年記念アイテムというわけではないようですが、CP+にはそうであってもおかしくないくらいCP+にて100周年の記念アイテム、何か出るんでしょうか? えぇ、出ますとも。カッコいいのが参考出展されますとも!

190226pentaxanniv_02
Image: RICOH IMAGING

まずはコチラ。新世代のスターレンズ「HD PENTAX-D FA★85mmF1.4」。ロードマップでは2019年中とされている、期待の大口径中望遠です。測距目盛あるじゃん〜、マクロって下さいってか〜?

Kマウントフルサイズでこれくらいの画角の単焦点って、近いところだと77mmF1.8 Limitedとか、MACRO 100mmF2.8 WRとか、クセ揃いばかりだったんですよね。新時代の中望遠として、期待するっきゃないでしょう。

190226pentaxanniv_01
Image: RICOH IMAGING

そしてもう1つがコレ。「PENTAX KP カスタム(仮称)」。デジタル一眼レフ「PENTAX KP」の特別仕様版です。木製グリップを採用するとともに、したプレミアムな100周年モデルKPです。KPのロゴがゴールドになってたり、ペンタ部にPENTAXとあしらってあったり、プレミアムみ記念みも抜かりなし。

ミニK-1として評価の高いKPですから、こんなカッコよくなっちゃったらサブにも記念モデルにも物欲マシマシですよ。特殊コーティングマウント、オリジナルトップカバーも採用とのこと。くぁーーかっけぇー。

PENTAXブースでの楽しみがまたひとつ増えたCP+。事前登録で入場無料になるので、気になる方はどうぞ今のうちに。100周年イベントの発表とかもありそうですね。

Source: RICOH IMAGING, CP+, Facebook

2019年2月28日15時:公開当初、PENTAXの表記が一部誤っているとともに、KP カスタム(仮称)を100周年モデルと誤認しておりました。そうした点を訂正するとともに、記事内容に誤りがあったことをお詫び申し上げます。

    あわせて読みたい

    powered by