レゴで自分の義手を作ったレゴ・ビルダー

  • 14,156

  • author 岡本玄介
レゴで自分の義手を作ったレゴ・ビルダー
Image: Channel NewsAsiaYouTube

レゴの可能性は本当に無限大です。

ブロックを巨大にすれば実物大ポルシェ911ターボも、そして本気を出せば自走するブガッティ・シロンも作れてしまうレゴ。その自由度の高さには毎度ビックリさせられます。

そして bOinGbOinGが取り上げた人物も、なかなかのレゴ・ビルダーです。生まれながらにして右腕の肘から下がない、スペインの大学生デイヴィッド・アギュラー(別名ハンド・ソロ)さんは、自分の義手をレゴで作っているのです。

しかもすでに4本作っているというエキスパート。

Video: Channel NewsAsiaYouTube

初めて作った義手は『アイアンマン』色なので「MK.I」と名付け、腕の上下運動で手が開閉するギミックを仕込みました。その後のモデルも、同様に手が開閉するようです。とはいえアギュラーさんは普段、義手がなくても問題なく生活出来るので、レゴ義手を装着するのは時々なのだそうです。

ロイター通信いわく、彼の義手は普段、カタルーニャ国際大学バルセロナ校の自室に陳列されているとのこと。卒業後は必要な人たちのため、生物工学技師として仮に無料だとしても、安価で作る義肢を開発したいと語っています。

確かにレゴで作れば安上がりですが……おそらくもうちょっと、ちゃんとした義肢になるでしょうね。その暁には、ワイヤー仕込みのメカニズムなど、自ら培った経験と技術が活きることと思われます。きっと子供たちにアヴェンジャーズ風の義手や、ロボットっぽいけど動力不要の義指みたいにイカしたものを作ってくれることでしょう。

Source: YouTube via bOinGbOinG via REUTERS

あわせて読みたい

powered by