さよならGAFAM:Microsoftやめてみる→あれ? できない?

  • 21,181

さよならGAFAM:Microsoftやめてみる→あれ? できない?
Image: Gizmodo US

ウェブを支配する5大巨竜GAFAM(GoogleAmazonFacebook、Apple、Microsoft)を順繰りに断つシリーズその4、今週は旧帝国軍Microsoftです。

4週目 Microsoft

20州と国が合体してMicrosoft解体を目指して争った世紀の独禁法裁判も今は昔。すっかり悪の帝国イメージが抜けたMicrosoftは、もう外してもいいかなと思ってたんですけど、8月には極右SNS「Gab」の削除運動にも加わってたし、11月からは時価総額世界トップ争いのレースに久々に復活している不死身感もあり、やっぱり加えてみることにしました。勢いを削ぐ20年前の政府圧力のその後を見るのも、興味深いかと。

ブロックしたIPアドレスは21,573,632件

スマホ、パソコン、スマート端末はDhruv Mehrotra君特製のVPNで100%遮断。ブロックしたMS支配下のIPアドレスは計21,573,632件にのぼりました。Mac使いなのになんでや!ってなりましたけど、仕事系はLinkedInもSkypeもGithubもマイクロソフトだし、遊び系はXboxもあります(自分は使わないけど)。今回は以上すべてに加え、クラウドで最近じわじわ勢力を伸ばしているMicrosoft Azure支配下のウェブサイトも使えない、ということになります。

車載が使えない

WindowsもXboxも使わないので楽勝だと思っていたら…意外なところに落とし穴がありました。フォード「フュージョン」2015モデル(Canvasで長期リース中)のエンタメとナビがMicrosoftだったんです! 何週間も乗ってるのに全然気がつかなかった! しょうがないので1週間、カーオーディオなしで静かに通勤することにしました(MSはバグだらけで、この2015年モデルを最後にGoogle、Amazonに変わってました。フォードのサイトには「Ford + Alexa、テック天国のマッチメーキング」とあります。天国…)。

Microsoftはリアル世界の支配者

Dhruv君に報告したら、そうなんだよね、Microsoftって知らず知らずのうちに使ってたりするんだよって言ってました。コーヒーを買ったら、店の決済システムがMicrosoftのOSだったり。電車やバスに乗ったら、そこのバックエンドがMicrosoftのサービスだったり。なにしろMicrosoftの得意先はビジネスカスタマー(店舗・企業)。末端の消費者じゃないんですね。

だから本気でMicrosoft断ちたかったら、世捨て人にならなきゃならない。それはちょっと、自分にはムリです。ウェブを使ってる限りAmazonから逃げ場がないのと同じで、リアル世界で生きている限りMicrosoftから逃げ切れる場所はない感じですね。

Macユーザーにとってはラクな週

そういうB2B的な店舗なんかの決済で間接的にご厄介にはなりますが、直接利用断ちは今週が一番気楽でした。今も巨大な勢力ではあることには違いないんですが、それは末端からは見えづらいくなっていると言えます。途方もない時価総額の出元は直接手にする端末ではなく、政府・企業が使うWindows Serverなんでしょね。

もちろん、それは個人の話であって、みんながみんなWindows離れしていると言ってるんじゃないですよ。社会全体で見れば、Windowsはいまだに米政府公式サイトにアクセスする国民のおよそ40%を占めていて、iOS、Androidよりシェアは大きいんです。

1990年代に政府が介入しても、しなくても、今のようになる宿命だったんですかね? それともあのまま政府が介入しなかったら今頃みんなHotmail使って、Microfeedで友だちのフィード読んで、検索はBing、写真はMicrogramとかなんとかそういうのが出て、Microsoft漬けな毎日だったのか…知りたいところですね。

190205MSdeviceping
記者の端末からのデータ要求回数
Image: Jim Cooke (Gizmodo Media Group)

ブラウザ戦争

1994年、Netscapeがブラウザ「Navigator」を50ドルで発売。ネットが爆発的に広まってデファクトのブラウザとなり、世界初のネット長者が誕生します。

そこにMicrosoftはWindowsと抱き合わせで「Internet Explorer」を無償配布。NN vs. IEのネット覇権争いが始まり、やがてはNNも無償になって、ネットはフリーフリー(でもそのぶん追跡+広告で元をとる)という基盤ができます。 90年代はほぼWindows一色の時代だったので、NNのダメージはたいへんなものでした。みるみる形成は逆転し、それを見かねた政府が「こんな勢いでやられたんじゃライバルはみんな潰されちまう」とMicrosoftを提訴、気が遠くなるほど長い長い裁判がはじまったのであります。

今でこそiPhoneはSafari、AndroidはGoogle Chromeとか無料で抱き合わせが当たり前ですけど、当時はそれ、反トラスト法違反だったんです。めぐりめぐって消費者の不利益になる、という解釈で。今は群雄割拠だから見逃してもらえているのかもですけど、オープンマーケット研究所(Open Markets Institute)などでは政府も昔の感覚を取り戻すべきだと運動を展開しているし、欧州では去年、「スマホで圧倒的シェア(80%)を占めるAndroid OSにGoogle PlayストアとChromeブラウザを無料でバンドルするのは違法だ」としてGoogleに50億ドル(約5700億円)という過去最高の制裁金の支払いを命じてます。いつまでも野放しとは限らないようです。

反トラスト法裁判が生んだもの

190206Behemoth_Wikicommon
ベヒーモス
Image: William Blake

米政府は最初、Microsoftを2つの会社に分割する方針でした。ひとつはOS、もうひとつはそれ以外の事業です最近はFacebookとGoogleを「OSと非OS事業に分けるべきだ」というもあって、デジャブですけどね…。

だけど結局、20年余りのバトルの末に引き出せたのは…

・共謀してライバルを新しいパソコンからハブらない。

・Microsoft以外のソフトもWindowsで利用できるようにしてやる。

という誓約だけでした。

まあ、それでもないよりはずっとマシで、その譲歩があったから、今のテック界の新興企業があるのだと、著名な法学教授のTim Wu氏とRichard Blumenthal上院議員はNY Timesの論説で書いてますよ。

あの政府救済策があったからMicrosoftは自粛するようになり、そこに新世代の企業が伸びる余地が生まれた。Microsoft反トラスト法裁判のおかげで伸びた会社(後のGoogle、Facebook、Amazon)が、Microsoftとそっくり同じベヒーモス(巨大寡占企業)に育つのだから世の中皮肉なものだが、これはイノベーションのサイクルともいえる。若い芽が育ち、巨木になると次の若い目をつぶさないようにブレーキが作用する。その繰り返しで技術は進化してきた(Microsoft自体も元をただせば1980年代はじめ、巨人IBMの反トラスト法裁判のおかげで伸びた企業だ)。

ここ10年は野放し

Microsoftの成長にストップをかけて生まれた企業も、やばいぐらいデカくてパワフルだというわけですが、欧州はともかく米国政府はほぼ見て見ぬふりです。Amazon、Facebook、Google、Microsoft、Appleの5社がここ10年で買収した企業は合計400社。ただの1度も政府からは独禁法違反のレッドカードがあがってないと、Wall Street Journalの記者も書いてますよ。

Wiredも最近、Microsoft特集でこんな風に嘆いています。

「現代の巨大企業は一国一城の主として王国に君臨し、ユーザーデータを囲い込み、圧倒的な数の利で守りを固めてている。新興企業が付け入る隙などどこにもない。[...]米国の反トラスト法は産業革命時代の遺物であり、今のこの新しい現実も、これだけデータを無尽蔵に抱える巨大帝国が存在することの危うさもまったく見据えていない。そろそろ見据えるべき時なのではないか」

1週間のMicrosoft断ちの結果

Microsoftをブロックした1週間で、端末から同社のサーバーにデータの送信を試みた回数は15,000回で、ちょうどFacebookと同じです。Google(100,000回超)、Amazon(300,000回近く)よりはずっと少なくて、大きかったのは夜の1,000パケットというやつ。これは何かな?とDhruv君とふたりで調べてみたら、 夜、本のアプリを開いて本を読むときに送られてることがわかりました。データのホストがMicrosoftのAzureなんでしょうね。ダウンロード済みの本(ちなみに「The Wheel of Time(時の車輪)」です。TV化確定のファンタジー小説をむさぼり読むタイプ)だったのですけど、1週間読むのはがまんしました。

Windows使う人だと結果は全然違うと思います。SurfaceでTV観るとか、会社のメールがOutlookとかだど、ここまで楽に1週間はクリアできません。「LinkedInとSkypeとクルマのラジオぐらい?」という自分でも、お店やバスでいつも使ってるぐらいですからね、自分でも気づかないうちに。

Microsoftが決定的に違うのは、政府の圧力で無理やり影に追いやられてしまったことであって、ほかの4社みたいに、みんなの目と鼻の先に帝国構えてやりたい放題、とはいかない楔が打ち込まれています。

こうしてMicrosoftなしでも(ほぼ)生きていられるようになったのが90年代の政府による解体圧力があったから。だとするなら、いま「これなしじゃ生きていけない」残り4匹のベヒーモスは政府、どうすんの? このままでいいの?と考えてしまいました。

「さよならGAFAM」シリーズ

さよならGAFAM:Amazonやめてみる→ムリでした

ホントにムリだこれ。GAFAM(ガファム)ってご存知ですか? G: Google、A: Apple、F: Facebook、A: Amazon、M...

https://www.gizmodo.jp/2019/01/i-tried-to-block-amazon-from-my-life-it-was-impossible.html

さよならGAFAM:Facebookをやめたら超寂しくなった…

GAFAM(ガファム)ってご存知ですか? G: Google、A: Apple、F: Facebook、A: Amazon、M: Microsoft...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/i-cut-facebook-out-of-my-life-surprisingly-i-missed.html

さよならGAFAM:Googleやめてみる→ネット全土崩壊

ネット五大老GAFAM断ち、第3週はGoogleです。 3週目:Google「Don't be evil」が消えたGoogle「Don't be ...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/i-cut-google-out-of-my-life-it-screwed-up-everything.html

さよならGAFAM:Appleやめる→体の一部をもぎ取られたみたい

Google、Amazon、Facebook、Microsoft、そしてAppleの製品・サービスをそれぞれ1週間ずつ断ってみるこの企画。第5週目...

https://www.gizmodo.jp/2019/02/i-cut-apple-out-of-my-life-it-was-devastating.html


    あわせて読みたい

    powered by