個性とセンスが光まくり!タイポグラフィハンコ「TYPO(タイポ)」

  • 28,166

  • author 中川真知子
個性とセンスが光まくり!タイポグラフィハンコ「TYPO(タイポ)」
画像:PRTimes

ハンコにも個性を。

私はハンコ文化が嫌いです。海外に住んでいたので、ハンコを持ち歩くなんて滅多になかったし、100円ショップで誰でも買えてしまうハンコに意味なんてあるのか、と思っています。サインの方が圧倒的にいいだろう、と。

でも、見つけちゃいました。心がワクワクするハンコ!

前から遊び心のあるイラスト入りハンコを展開させていたインターネットのハンコ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」が、図形と文字の美しさを融合したニュータイプのデザインはんこ「TYPO(タイポ)」です!

190205typo1
画像:PRTimes
シャチハタタイプも素敵!

小さいスペースに実用性とデザイン性を兼ね備えた「TYPO」は、幾南学模様を取り入れた「ジオメトリー」と直線的な「シンボル」のふたつから選ぶことができます。

190205typo3
画像:PRTimes
個性光すぎ!

「鈴木」「佐藤」「田中」といったメジャーな苗字も、こんなに個性的に! 自分の苗字がどんな風になるのか考えるのも楽しいですね。

ここまでユニークだと、金融機関や役所で使えるのか疑問に思うかもしれませんが、木彫り・黒水牛・チタンのTYPOは全国ほとんどの金融機関で使うことができるのだそうです。役所によっては実印として登録することも可能ですって。

漢字ひらがなカタカナアルファベットに対応で、専属のデザイナーさんがユニークなタイポグラフィはんこを作ってくれるそうですよ。

シャチハタタイプ、はんこにボールペンがついた「スタンペンG」、木彫り、黒水牛、チタンの5種類から選択可能。お値段は4000円〜6000円。はんこにも個性を光らせたい人は是非「TYPO」のサイトをチェックしてみてくださいね。

Source: PRTimes

    あわせて読みたい

    powered by