CP+ 2019に来た編集部員・ライターが欲しくなった製品まとめ #CPPLUS

  • 17,756

  • author 小暮ひさのり
CP+ 2019に来た編集部員・ライターが欲しくなった製品まとめ #CPPLUS
Photo: 小暮ひさのり, 武者良太, かみやまたくみ

物欲、撮り欲、また別の盛り上がり?

本日2月28日からパシフィコ横浜で開催されているカメラの祭典「CP+ 2019」。今年のカメラは面白い! と踏んでギズモードでは本日全力投球で記事を更新してきました。

そしてプレスルームも閉まったので、本日の〆をお送りします。

今日、CP+に出向いた編集部員+ライターたちは、どの製品が一番欲しくなっちゃったの? それぞれの心を動かした製品を語ってもらいましょう。

ライター 武者良太:「KP Custom」のメーカーカスタムでワークス仕様ってところに燃える

190228pek0a
Photo: 武者良太

今期買うのはGRIII(28mm域好きとしてもう仕方ない)だろうけど、デジカメに、世田谷ベース的カスタムを施した「KP Custom」に震えちゃった。こんなの、男子ゴコロをきゅんきゅんさせるに決まってるわー。

仕事で使うことを最優先するならEOS RPがいいはずなのですが、いま使っているEOS Kiss Mで十分なところがありまして。近似値あるんですよ、EOS RPとEOS Kiss Mって。軽い、握りやすい、動画が等しく弱いとか。

だからこそKP Customのメーカーカスタムでワークス仕様ってところに燃える。反響が大きくないと発売できないみたいだし、応援の意味も込めて推したいなと


編集部 かみやまたくみ:キヤノンのキレッキレの発想力に脱帽した「ソトアソビカメラ(仮称)」

190228afk07
Photo: かみやまたくみ

キヤノンが開発中?の超小型アクションカムが良いってレベルじゃなかったです。レンズの上にある部分はまずカラビナとして機能しバッグなどに取り付けられます。その上、擬似的なファインダーとしても機能するというのだから驚きです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

性能もUIもシンプルを極め、価格は100ドル切りを狙う。ぜひ発売にこぎつけてほしい製品ですね。

編集部 吉岡考太:キヤノンがアクションカメラを作るって!? 世界が変わってしまうぞ…

190228afk08
Photo: 小暮ひさのり

CP+のキヤノンブースでふと目に留まったのが、開発中のアクションカメラ「ソトアソビカメラ(たぶん仮称)」のモック。実機は開発中のためなし。なのに、想像を可能な限りかきたててしまうのだからスゴい。

まずデザインが超いい。カラビナ部分をファインダーとして使うなんて、思いついた人は自分のことをだと思ったでしょうね。気になる仕様はフルHD60pまでの対応で、記録媒体はmicroSDカード。うん、それで十分。4Kって実際に使うのかって言われたらNOだし。あと前面がジャケットになってて、着せ替えできるのも愛着を沸かせる作りですよね。

お値段は「100ドルを切りたい」とのこと。聞いた僕も「え、やすっ!」ってなりましたよ。これでたらゲームチェンジャーになりそうだなぁ。しかも安心のキヤノン印。Amazonとかにある安価な中華製アクションカムは、立つ瀬がなくなりそう…。

会場ではプロモーション映像も流れてたので、お披露目されるまでそんなに遠くないんじゃないかな…と思いたいところです。

ライター 小暮ひさのり:LUMIX S1、ガチでガチガチな撮る気にさせる

190228afk01aa
Photo: 小暮ひさのり

今日見た機材の中で最もインパクトが高かった1台。

それがこの「LUMIX S1」です。最上級の技術を詰め込んで、最上級の機能を体験でき、最上級の仕上がりを楽しむ。そうした妥協をしない、させない、がっかりさせないための1台。強さは安心感であり、楽しきカメラ体験へと繋がります

それらを惜しげなく詰め込んでいる、そのプロイズムに僕はちょっとヤられた気がするのです。その美しいEVFを覗き込むと、その先にある景色を自分の手で捉えたら、どんなに満足するカメラ体験を得られるのだろうのか?とね。

ただし、31万4000円前後という値段を除けば…ですが。あぁ、どこに40万円落っこちてないかしら? 50万円落ちてたらS1Rだな!

ライター ヤマダユウス型:カメラでハッピーになりたいんだ

190228afk05
Photo: ヤマダユウス型

非現実的なところなら「ZEISS ZX1」、現実的なところだと「GRIII」。

いやまぁツァイスが非現実とは言いませんけど、タッチすらできなかったので妄想ハンズオンで判断するっきゃないわけですよ。その妄想内では、うっとりするようなツァイス絵を優雅にレタッチして、素早くシェアするスタイリッシュムーブが見えまして、あのサイズ感でそのムーブは絶対に強い。よって欲しい

GRIIIは電源を入れた段階で「こいつ、このレスポンス…デキるッ」と感じてしまった、よって欲しい。GRIIIを生活に取り入れると、なんか毎日のハッピーに+αがつく気がするんですよ。「オレ、いつでも撮れちゃうけど?」みたいな。そういうものに、わたしは、なりたい。かしこ。

編集部 ささきたかし:証明写真機 2.0

190228afk09
Photo:Self service Portrait

リコーの「GR III」だったり、パナソニックの「LUMIX S1」だったり、注目のカメラはいくつもありました。でも一番の驚きは、「写真機」でした

プロレベルのポートレート撮影を手軽にできる、ポートレート写真機「Self service Portrait」。それは、プロカメラマンによる撮影すらも脅かしかねないもの。ぼくの前に体験したひとが、撮った写真をみて「遺影にします」って言ってて、それが冗談に感じられないくらいのクオリティなんですよね。

一つのプロダクトが、これまであったものを置き換えてしまうことをイノベーションというのであれば、ポートレート写真機「Self service Portrait」は間違いなくそのひとつだなと。

これは欲しいというよりかは、日本にきて欲しいです。

編集部 綱藤公一郎:型落ちカメラが救われそうな印刷紙

190228afk06
Photo: 綱藤 公一郎

アワガミファクトリーさんのブースで写真の印刷紙の展示をしていたのですが、なぜだかすいすい吸い寄せられちゃいました。

印刷紙ってこんなに種類があるんですね。ザラザラしてたりツルツルしてたり、色もうっすら違うんです。ちゃんと紙までこだわって写真を印刷してあげれば、毎年型落ちしていくカメラたちもなんだか報われる気がします

デジタルな現代だからこそ「家でプリントするまでが撮影」とかドヤ顔で言ってみたい。さぁ、プリンタが欲しくなってきました。


さてさて、皆さんが気になった製品はどれでしょ? CP+は3月3日まで開催されているので、コメントで気になったものがあれば、狙いをつけてから臨みましょう!

Source: CP+