Apple、2019年中に「人類に対するApple最大の貢献になる」的なサービスを発表予定

  • 21,817

  • author ヤマダユウス型
Apple、2019年中に「人類に対するApple最大の貢献になる」的なサービスを発表予定
Image: blackzheep/Shutterstock

実際、健康第一なのは間違いない。

CESネタが盛り上がってるこの頃ですが、出展していないApple(アップル)も何かサプライズを持っているみたいですよ。CNBCによると、2019年中にヘルスケア絡みの新しいサービスを発表するとのことです。

Appleはヘルスケアに本気

CNBCのインタビューで、クックはこのサービスについて「来る未来、人類へのAppleの最大の貢献は何でしたかと尋ねたなら、それは健康に関わるものとなるでしょう」と述べたそうな。iMacやiPhoneを差し置いて健康かぁ。うーん、イメージしづらい。

振り返ってみると、Appleは心電図を登載したApple Watch Series 4で世界中を驚かせたり、またヘルスケアのために40〜50人の医師を雇用しているなんて噂もあります。ヘルスケアをこれから手厚くしていこうっていう路線は、うなずけるっちゃうなずける話です。

新サービスの内容に期待

でも、新サービスがどんなものになるかは明らかにされていません。ヘルスケアの拡張版みたいなアプリ? サブスク型の健康診断サービス? ヘルスケア事業を始めてから蓄積してきたビッグデータも活かしがいがあるでしょう。

発表があるとしたら、やはり2019年夏のWWDCでしょうか。詳細が気になるところですが、日本に関係のある内容なのか、あと新サービスの発表に集中して新ハードが出ないとかになったら、僕のヘルスケア的にはあまりよろしくないなぁ。どっちも期待してるよ、Apple。

Source: CNBC International (1, 2)

    あわせて読みたい

    powered by