安くなるといいな。サード製USB-C - Lightningケーブル、来年にも発売へ

  • author 塚本直樹
安くなるといいな。サード製USB-C - Lightningケーブル、来年にも発売へ
Image: MacRumors

お安くなってほしい。

Apple(アップル)の純正アクセサリといえば、高品質だけれども高い傾向があるのが現実。しかし来年初めにはサード製の「USB-C - Lightningケーブル」が登場することで、少し状況が変わるかもしれません。

実は先週、Appleは「MFi」ライセンスプログラムの参加者(メーカー)に対し、USB-C - Lightningケーブルの製造許可を通知しています。これにより、メーカーはUSB-C - Lightningケーブルの製造が可能になったのです。なお、Lightningコネクタでは「C94」という新しい仕様のものが利用されます。

なお、サード製のUSB-C - Lightningケーブルは18WのACアダプタを利用したiPhone 8以降の急速充電に対応する必要があります。またそれ以外での通常の充電アダプタ使用時には、最大15Wでの充電が利用できます。

もちろんAppleも純正アクセサリとしてUSB-C - Lightningケーブルを販売しているのですが、こちらは1mで1,800円、2mで3,800円(ともに税別)と、そう安くはありません。しかし今回MFiによる製造が認められたことで、おそらく来年の2月〜3月にはサード製のUSB-C - Lightningケーブルが登場することでしょう。

Source: MacRumros

あわせて読みたい

powered by