自転車用ヘルメットがセーフティビーコン化。クラッシュ時には家族に緊急連絡!

  • author 中川真知子
自転車用ヘルメットがセーフティビーコン化。クラッシュ時には家族に緊急連絡!
Image: Specialized

キッズ向けも展開されないかな?

健康のためにサイクリングする人が増えていますが、自転車の運転って結構危なかったりします。私も何度かよろけたり、実際に落車したりする人を見たことがあります。そういうのを見ていると、家族が自転車に乗るというと心配になってきちゃうんですよね。

そこで! スペシャライズドが、クラッシュした時に家族に緊急事態を知らせる自転車用ヘルメットを発売しました。これは自転車に乗る人もその家族も安心できるヘルメットですよ〜!

加速度計とジャイロスコープを内蔵

Video: Specialized Japan/YouTube

HELMET with ANGi//MIPS」(ヘルメットウィズ アンジー/ミップス)シリーズは、アプリ連動型デバイス「ANGi(アンジー)」と安全機構「MIPS(ミップス)」を搭載したヘルメット。GPS機能・クラッシュ感知・アラート機能を備えた次世代型ヘルメットなんですって。加速度計とジャイロスコープが内蔵されていて、アプリと連携することで、ライダーを守ってくれるのだそうです。

一定時間反応がなければ緊急連絡先に送信

例えば、ライダーが転倒してしまいますよね。ヘルメットに衝撃が伝われば、アンジーが「スペシャライズドアプリ」をダウンロードしてあるスマホに落車したことを通知します。スマホ上ではカウントダウンが開始され、これが止められなかったら身動きも取れないほど重症だと判断され、登録されてる緊急連絡先に送信してくれるのだそうです。標準的な環境下でライドした場合、ボタン電池使用で約6ヶ月持つとのこと。

安いものは1万4000円〜

「ヘルメットウィズ アンジー/ミップス」は4種類展開で価格は1万4000円〜4万2000円まで。通気性を追求したものや、MTBダウンヒル用などがあるので、用途に応じて選ぶといいと思います。HPをチェックしてみたところ、現時点ではキッズ用展開にはなっていないみたい。親としては搭載してほしい気もするのですが。

Source: Specialized, Cyclist

    あわせて読みたい

    powered by