煮る、軽量化…Oculus VR創立者のOculus Goカスタムはこうだ!

  • 9,981

  • author 塚本直樹
煮る、軽量化…Oculus VR創立者のOculus Goカスタムはこうだ!
Image: The Blog of Palmer Luckey

やることがぶっ飛んでいます。

Oculus VRの創立者といえば、ちょっとふくよかなPalmer Luckey氏。そんな彼が自身のブログで、スタンドアロン型VRヘッドセットことOculus Go」のディープなカスタムを我々に披露してくれました!

20181218nocu2
Image: The Blog of Palmer Luckey

まず驚かされたのは、Oculus Goの外枠を鍋で煮るカスタムから始まったこと。もちろんこれはOculus Goに味付けをする…わけではなく、ブラックカラーに染め上げるためにおこなっているのです。ヘッドパーツをダークカラーにすると、ディスプレイからの光による反射や外光の侵入が低減し、よりVRコンテンツに集中できるそうですよ!

さらに、本体をガリガリと軽量化。もともとは400g以上あるOculus Goを280gにまで軽くしています。これにより、体感では重量が半分近くになったように感じられるんだとか。また、もともと挿入されていた2600mAhのバッテリーは3500mAhのバッテリーに交換。さらに新たなヒートパイプと冷却ファンを追加することで、冷却効率も向上しています。

20181218nocu3
Image: The Blog of Palmer Luckey

Luckey氏はOculus GoのVirtual Desktop機能を使い、大画面でWindowsを使うのがお気に入りなんだそうです。それを実現するため、高品質キーボードこと「Happy Hacking Keyboard Professional Type 2 」の内部にPCを組み込み、どこでもデスクトップ環境が楽しめるシステムを構築しているんです!

注意したいのは、今回のディープなカスタムは完全に製品保証を無視したものだ、ということ。それでもかまわない…という方は、ぜひLuckey氏のカスタムを参考にしてみてください!

Source: The Blog of Palmer Luckey