Googleアシスタントの「飛行機の遅延予測機能」が便利そう

  • author 塚本直樹
Googleアシスタントの「飛行機の遅延予測機能」が便利そう
Image: Google/Gizmodo US

これからの季節に最適です。

ホリデーシーズン(年末)の飛行機旅行には、かなりイライラされることがあります。特に、雪など天候が悪い際にはなおさらです。そんなストレスを少しでも和らげるために、Google(グーグル)は「Googleアシスタント」にフライトの遅延予測機能を追加しました。

乗り遅れてもGoogleのせいにはしないでね

これにより今年の年末は、Googleアシスタントにフライトが定刻通りかどうかを質問でき、さらに自分のフライトの状態を表示し、あるいは遅延の長さとその理由(おそらく)を知ることも可能になるのです。

さらにGoogleは、フライトデータと機械学習から85%以上の確率で遅延を予測できる通知システムを数週間以内に配布すると表明しています。もちろん予測が常に正しいわけではないので、遅延が予測されていても時間どおりに空港に行くのをおすすめするようですね。

Googleマップも便利になってるよ

Googleはこれまでもホリデーシーズンに向けて、旅行を助けるツールを改善してきました。たとえばGoogleマップに「Explore」タブを追加し、目的地の提案をおこなっています。さらに飛行機旅行を予約する際に、地元の休日や学校の休暇情報を提示し、混雑を避けることもできるのです。

20181218-google-flight-delay-prediction-02
Image: Google

またGoogleフライトのアップデートにより、いくつかのフィルター機能が追加され、旅券の検索時に値段に手荷物や預け荷物の料金が含まれているのかも表示されるようになりました。

Source:VentureBeat via Gizmodo US

    あわせて読みたい

    powered by