Teslaの新会長が決まった模様。シリコンバレーでも自動車業界でも経験がある人物

  • author 岡本玄介
Teslaの新会長が決まった模様。シリコンバレーでも自動車業界でも経験がある人物
Photo: 西谷茂リチャード

新会長は女性です。

「Tesla(テスラ)の非公開化を考えている」というツイートで、連邦証券取引委員会(SEC)から2,000万ドル(約22億円)の罰金を課されることになったにもかかわらず、「その価値はあった」と語ったイーロン・マスク。罰金と同時に、Teslaの会長の座から降格させられることにもなりました。

新会長は?

そしてこのたび、The Vergeが「Teslaの取締役会にてロビン・デンホルム女史が新会長に任命された」と報じています。

デンホルム氏は2014年からTeslaの取締役会に参加しており、オーストラリアのプロバイダー業者Telstra社で最高財務責任者CFOにも就いている人物です。シリコンバレーと自動車業界でも経験があり、サン・マイクロシステムズやジュニパーネットワークス、それにトヨタにもいたことがあります。

兄貴も首を縦に振る

彼女の腕前には、イーロン兄貴も太鼓判を押すほど。Teslaモータースをここまでシッカリした会社に成長させたのは、彼女による功績が大きいとして、「今後もっと近くで仕事ができることを楽しみにしている」とコメントをしています。

尚、マスク氏はCEOの座はそのままキープすることになっています。ツイッターの鬼による意味深ツイートが巻き起こした騒動ですが、雨降って地固まるとなりますでしょうか?

終わり良ければすべて良し?

Source: The Verge

    あわせて読みたい

    powered by