蟷螂拳の達人? 唐揚げ弁当を詰める人型ロボット

  • 6,060

  • author 岡本玄介
蟷螂拳の達人? 唐揚げ弁当を詰める人型ロボット
Image: RT CORPORAATION

実はロボットによる⾃動化が難しい作業なんですって。

世界では2足4足で歩行するロボットの開発が進んでいますが、ぶっちゃけ利用目的がよくわからなかったりします。ですが日本のロボットは、実用的な使いみちを追求するイメージが強く、たとえば株式会社アールティが作る「協働⼈型サービスロボット」は、お弁当におかずを詰めてくれるのです。

ついつい「こんなの子供でもできるよ」なーんて思ってしまいそうですが……意外にもバラ積みされた形もバラバラな弁当のおかずを、ひとつずつ掴んで移動させるというのはロボットには至難の業だったのです。しかも、人間と隣合わせで作業ができる安全性も確保されているのはスゴいこと。

まるで蟷螂拳の使い手のように、両手のトングでから揚げをつまむのです。

Video: lovingrobotrabbit/YouTube

まだプロトタイプで既存モデルの流用ではあるものの、弁当⼯場業界は⼈⼿不⾜に悩んでいるとのことで、このロボットが開発されました。

このロボットは、⼩柄な成⼈⼥性を参考にした 130〜150cm で、後ろから押して移動させ、生産ラインの好きな位置に配置します。そして人間の目と同じ位置に付いたカメラが、唐揚げ(及び数種類のおかず)を判別。それはGoogle(グーグル)が提供するフレームワーク「TensorFlow」を活用した、ディープ・ラーニングのおかげなんですって。

181009_cybershoes2
Image: RT CORPORAATION

同社は今年から来年にかけ、実証実験を⾏なう予定で、2020 年中の⽣産・納⼊を⽬標にしているとのことです。

街の弁当屋さんで見かけることはなさそうですが、工場見学に行けばこのコとご対面ができるのかもしれませんね。もし人間に反旗を翻すと、私たちが昼飯を食いっぱぐれることになりそうです。やさしく扱ったほうがよさそうですね。

Source: YouTube via RT CORPORATION

あわせて読みたい

powered by