iPhone XRって「安い」って言っていいの?

  • 67,856

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
iPhone XRって「安い」って言っていいの?
Image: Apple

フラッグシップがじりじり値上がっちゃってますからね〜。

Apple(アップル)は今回のiPhone発表で、またまたスマートフォンの価格帯を押し上げてきました。特に一番高い「iPhone XS Max」といったら1,100ドル(日本価格12万4800円)から始まり、512GBモデルに至っては1,450ドル(日本価格16万4800円)というラグジュアリーなお値段です。

でも今回、「iPhone XR」なるものも生み出されました。日本価格は8万4800円からと、上位2モデルと比べればはるかに少ない金額です。Apple製品の基準で見ると、iPhone XRを「安い」と言う人もいるかもしれません。

なのでこの記事では、iPhone XRがどれくらいお手頃なのかを、そのスペックとかiPhoneのラインナップから位置づけ、そして他のメーカーも含めたスマホ市場全体の価格の動きとあわせて見ていきます。

iPhoneの中での値ごろ感は?

AppleはiPhone XRの価格を実現するべく、いくつかの妥協をしています。まずiPhone XS/XS Max、そして去年のXとも違い、iPhone XRのディスプレイは有機ELじゃなく液晶です。なので有機ELに比べるとコントラストが若干低く、色もそこまでリッチじゃありません。さらに背面カメラはデュアルじゃなくひとつだけと、スタンダードなiPhone 8と同じです。あとはハプティックフィードバックはあるものの、3D Touchはできません

180913_iphonexrcheap2
Image: Apple

でもチップはApple最新のA12 Bionicだし、FaceIDも搭載、スマートHDRのような新しいカメラ機能もあり、バッテリーライフもAppleいわくiPhone 8 Plusより長くなっています。そしてiPhone XRの特徴ともいうべき、ブラックにホワイト、レッド、ブルー、イエロー、コーラルの遊び心あふれるカラバリも忘れちゃいけません。

iPhone XRのスクリーンが6.1インチであることも総合して考えると、iPhone XRに一番近いのは去年出た「iPhone 8 Plus」です。iPhone 8 Plusよりカメラはひとつ少ないですが、スクリーンはもっと大きいし(iPhone 8 Plusは5.5インチ)、バッテリーライフももっと長いし(Appleいわく「最大1.5時間長い」)、CPUはもっとパワフルだし、それでいて価格は8万4800円。2017年に出たiPhone 8 Plusは発売時には日本価格8万9800円だったことを考えると、良い買い物といえるのかもしれません。

現在iPhone 8 Plusの価格は日本価格7万8800円に下がったものの、光学2倍ズームがどうしても必要とかじゃない限り、そこに6,000円足してiPhone XRを買うのは良い選択だと思います。いっぽう、プレーンな「iPhone 8」の価格も日本価格6万7800円にまで下がったので、まともな値段でiPhoneを買いたい人にとってはこっちこそ真のスターなのかもしれません。

180913_iphonexrcheap3
Image: Apple

Androidと比べるとどう?

iPhone XRのスペックは、Appleの枠を出てAndroid端末と比べてみるとどうなんでしょうか? サムスンのGalaxy S9は、5.8インチスクリーンでストレージ64GB、背面カメラはひとつと、iPhone XRに近い内容です。ただアンロック版が620ドル(約6万9000円)と、iPhone XRより130ドル(約1万4500円)ほど安くなっています。

さらにGalaxy S9+であれば、6.3インチで背面カメラがデュアルとiPhone XRよりハイスペックなのに、若干お安い740ドル(約8万2000円)です。つまりAppleにおける「廉価版」は、Androidで一番人気のフラッグシップフォンより微妙に高いってことです。むむ。

でもGoogle(グーグル)の「Pixel 2」と比べると、iPhone XRはわりと有利です。スタンダードなPixel 2は650ドル(約7万2000円)ではあるものの、スクリーンはもっと小さい5インチで、ベゼルもたっぷりしたデザイン。Pixel 2 XLだと画面は6インチになりますが、価格が去年10月の発売以来下がってなくて850ドル(約9万5000円)のままなので、iPhone XRよりも100ドル(約1万1100円)高いです。とはいえもうすぐPixelも新世代が発表されるはずなので、この状況も変わるでしょう。

GalaxyやGoogle以外のAndroidは?

あとはサムスンとかGoogleといったメジャーどころにこだわるのをやめれば、OnePlus 6は529ドル(約5万9000円)、LGのG7は750ドル(約8万4000円)、HuaweiのP20 Proのインターナショナル版は735ドル(約8万2000円)です。なのでiPhoneだってもうちょっと価格を下げる余地がありそうですが、それはAppleのスタイルじゃないんでしょうね。

でも発売時8万9800円だったiPhone 8 Plusと比べれば、iPhone XRはかなり手頃になっています。しかもiPhone 8とかiPhone 5cみたいにフラッグシップと明らかに違うんじゃなく、デザインの大枠とか中身のプロセッサ、Face IDといったポイントは共通で、ある意味プレーンなiPhoneです。そんなiPhoneが、「安っ!」ってほどじゃないにしろ、手の届きやすい価格で出してくれたってのはうれしいですね。

Appleが発表したモノまとめ! 新iPhone・新Apple Watch・新OSのリリース日 #AppleEvent 【追記】

今日は2018年9月13日(日本時間)、テック業界においてはApple(アップル)の日。つい先程、『ミッション:インポッシブル』のパロディーから始...

https://www.gizmodo.jp/2018/09/apple-event-2018-sept-summary.html

Souce: Apple

    日本時間9月13日(木)午前2時から行なわれる Apple Special Event での発表情報を網羅する特集ページです。 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、Apple Watch Series 4 などプロダクトの最新情報はもちろん、周辺情報まですべて随時更新の速報でお届けします。